青年海外協力隊講座 カリキュラム

青年海外協力隊講座 全5講座の紹介

カリキュラム一覧

青年海外協力隊の歩みと理念

講座 青年海外協力隊の歩みと理念のねらい

青年海外協力隊がどのような過程を経て創設され今日に至っているのかを理解し、協力隊の特性を踏まえた意義と理念について考えます。

講座 青年海外協力隊の歩みと理念の構成

本編4章と別章の5部構成。音声と画像と動画を視聴して学習します。

第1章 協力隊が創設されるまでについて。
第2章 草創期の協力隊について。
第3章 拡大期の協力隊について。
第4章 変革期の協力隊について。
別章 帰国隊員の活動について。
青年海外協力隊の歩みと理念 画面イメージ 青年海外協力隊の歩みと理念 サンプル動画再生

戦後日本の国際協力の歩み

講座 戦後日本の国際協力の歩みのねらい

パート1では、戦争で荒廃した日本が様々な国から支援を得ながら復興していく過程と、その後日本が被援助国から援助国の立場になっていく経緯と歴史を学びます。
パート2では国際社会の環境変化に伴う新たなODAの形と、日本の支援体制について学びます。

講座 戦後日本の国際協力の歩みの構成

動画2本による4部構成。それぞれ音声と画像を視聴した後、各々の主要な事項を記した年表データで詳細を学習します。また、重要な事項についての参考文献やインターネットのリンクを活用し個別に理解を深めます。

パート1
第1章 戦後焦土からの「再出発期」の歴史について。
第2章 援助国へ転換「成長期」の歴史について。
第3章 援助大国への「飛躍期」~量から質世界一への「模索時期」について。
附録 参考文献の紹介とインターネットの関連リンク集。
パート2
第4章 ODAの新たな「転換期」について。
附録 参考文献の紹介とインターネットの関連リンク集。
戦後日本の国際協力の歩み 画面イメージ 戦後日本の国際協力の歩み サンプル動画再生

協力活動手法の考え方

協力活動手法の考え方のねらい

開発途上地域は活動に必要な「人・モノ・金」等が不足していることがほとんどです。そのような環境の中、協力活動の基本姿勢や活動手法のポイントについての考え方を学びます。

協力活動手法の考え方の構成

2部構成。音声と画像を視聴して学習します。

第1部 隊員の活動現場に即した活動内容とは何か、どのような協力手法が求められるのか、西アフリカで活動した栄養士隊員の事例をもとに、考える。
第2部 国際協力の現場において、現地の社会環境をよく見極めることの必要性、重要性について、南部アフリカの複数の国々で実施された簡易コンロの普及活動の事例を比較しながら考える。
協力活動手法の考え方 画面イメージ 協力活動手法の考え方 サンプル動画再生

ボランティア体験と社会還元

講座 ボランティア体験と社会還元のねらい

帰国後の隊員たちは、それぞれの協力隊体験をどのように日本社会に活かすことができるのか。帰国後の還元活動についての意義やあり方等について、実践例を通して考えます。

講座 ボランティア体験と社会還元の構成

2部構成。音声と画像と動画で学習します。

第1章 身近なボランティア経験の活かし方について。
第2章 実践例の紹介を通した具体的な社会貢献活動について。
ボランティア体験と社会還元 画面イメージ ボランティア体験と社会還元 サンプル動画再生

世界の宗教事情

講座 世界の宗教事情のねらい

海外で活動する上でその地の宗教を理解することは非常に大切なことです。派遣国の人々が信仰する主だった宗教についての基本的な知識を身につけるとともに、実際に協力隊員が経験した事例を通して宗教に対する理解を広げます。

講座 世界の宗教事情の構成

3部構成。第1部は音声と画像。第2部と第3部は地図情報をクリックし資料を読んで学習します。

概要解説 ユダヤ教、キリスト教、イスラム教などの一神教、ヒンドゥー教、仏教、シーク教などのインド起源の宗教、儒教、道教、一部の仏教など中国起源の宗教、神道、日本で根付いた仏教などの日本の宗教、その他の宗教に分け、それぞれの宗教の概要を学習する。
世界宗教分布図 世界宗教分布図から各宗教の基本情報を閲覧し、学習する。
国別宗教事情 協力隊員の派遣国地図からそれぞれの国の宗教事情を閲覧し、理解を深める。
ボ世界の宗教事情 画面イメージ 世界の宗教事情 サンプル動画再生
FlashPlayerのダウンロード
当サイト及び、教材コンテンツをご利用いただくためには、最新のFlashPlayerが必要です。左のバナーよりダウンロードしてください。