【ブータン】ロイヤルウエディングを祝う子どもたちの歌声-祝賀曲を作曲した神谷桂二郎さん(平成14年度1次隊/ドミニカ共和国/音楽、富山県出身。現在、短期ボランティアとしてブータンに派遣中)[2011年11月1日掲載]

日本でも大きく報じられた、ブータンのジグミ・ケサル・ナムギャル・ワンチュク国王の結婚。

ヒマラヤを望む国、ブータンが祝福の雰囲気に包まれる中、短期JICAボランティアとして同国で活動中の神谷桂二郎さん(平成14年度1次隊/ドミニカ共和国/音楽)は、国王夫妻の結婚を祝う曲を作曲し、子どもたちとともに演奏するという大役を果たした。

着任直後に飛び込んできた依頼

20世紀後半まで続いた政策により、伝統的な文化が今も色濃く残るブータン。神谷さんは首都ティンプーにあるキル音楽学校で、2011年6月末から活動している。

2005年に開校したこの学校は、ブータン人音楽家と在留外国人有志によって立ち上げられたNGOで、ブータン初の西洋音楽の学校だ。ブータンの学校に音楽の授業はないため、60人ほどの児童が放課後にこの学校に通い、神谷さんは生徒にピアノや音楽理論を教えている。

神谷さんに作曲の依頼が舞い込んできたのは、活動開始から約1か月の7月下旬のこと。学校運営に関わるブータンの国会議員から、突然、「ロイヤルウエディングのための曲を作ってほしい」と依頼された。歌うのは音楽学校の子どもたち。唐突な依頼に最初は驚いたものの、ブータンと日本の絆が深まるきっかけになればと思い、引き受けた。

曲作りは難航した。子どもたちが歌えるよう、技巧的にやさしい曲にしなければならない。また、西洋の音楽になじみが薄いブータンの人々に受け入れられるよう、リズムや和声(ハーモニー)の面でも熟考を重ねた。練習の日数を考えると、作曲にかけられる時間は1か月もなかった。「さまざまな制約がある中で、ベストなものを作らなければ、というプレッシャーから、精神的に追い詰められることが多かった」と神谷さんは話す。

何とか2週間で曲を書き上げた。「国王夫妻が結婚後に待ち受ける困難を乗り越え、そして、ブータンも力強く未来にはばたいてほしい」。そんな願いを込め、暗闇に差す光をイメージし、神谷さんはブータンへの愛と敬意を曲で表現した。

だが、楽曲のイメージに合う歌詞がなかなか完成しなかった。そこで、インターネットで見つけた作詞家、北前佐枝子さんに作詞を依頼。北前さんはドイツでミュージシャンとして活動し、現在は日本で英語の作詞家として活動している。何通ものメールのやりとりを重ね、ようやく歌詞が完成した。神谷さんと音楽学校の子どもたちは「Happy Chant in Unity(歓喜の唱和)」と名付けられたこの奉祝曲を、8月半ばから週2、3回熱心に練習し、晴れの日に備えた。

人々の反応はいかに?

そして迎えた10月15日のロイヤルウエディング。神谷さんの指揮の下、子どもたちはティンプーの中心部にある時計塔広場で行われた祝賀式典でこの歌を披露しただけでなく、後日収録されたブータン国営放送の特別番組でも歌う機会があった。今後、ラジオでも曲が放送される予定だという。

 写真
10月15日、ティンプー中心部の時計塔広場で曲を披露

まだ西洋音楽がそれほど広まっていないブータンで、この曲はどのように受け入れられたのだろうか。「子どもたちはとても気に入って練習に励んでくれました。大人は、最初、聴いたことがないサウンドに驚いていた様子でしたが、何度か聴きこむうちに気に入り、『とてもいい』と言ってくれる人が多かった」と神谷さんは話す。

神谷さんは青年海外協力隊としてドミニカ共和国で活動後、中米のベリーズでも短期ボランティアとして活動、ブータンは3か国目となる。三度にわたるボランティア活動について「自分の専門性を現場で生かせることが何よりの魅力。活動中は現地の人たちとぶつかることも少なくないが、苦労を共にする過程で日本に対する理解を深めてもらい、ひいては日本の国益に還元されること、そして自分自身の新たな可能性と一面を発見する機会を得られることに意義がある」と語っている。

「Happy Chant in Unity」は、優しい旋律に乗せて、“谷を渡る風や、ブータンの山々も国王の結婚を祝福しています”と歌う、すがすがしい印象の曲。今年、日本とブータンは国交樹立25周年を迎え、11月5日に行われる記念式典でも神谷さんが率いる児童合唱団は時計塔広場でこの曲を披露する予定だ。この歌が今後、多くのブータンの人々に届き、2国間の絆が今後いっそう深まることを期待したい。

 

「帰国隊員の活動紹介」一覧に戻る

自治体・地域の方

  • 熊本地震 被災地への支援
  • おきなわ世界塾
  • マラウイ農民自立支援プロジェクト
  • 外務省主催 NGO インターン・プログラム制度
  • 協力隊ナビ~協力隊経験者と語ろう~
  • 青年海外協力隊講座
  • 協力隊OB・OG会情報
  • 青年海外協力隊事業創設50周年記念 映画製作『クロスロード』
  • 協力隊ボイス フェイスブック

ページの先頭に戻る