【愛知県】市長表敬をきっかけに超地元密着型の帰国隊員活動を行う 加藤悦子さん(平成17年3次隊/ルワンダ/ソーシャルワーカー)[2011年2月15日掲載]

写真
加藤さん

「この瀬戸市からたくさんの協力隊がいるが、帰国後に話をしに来てくれたのはあなたが初めてやったわあ。みんな帰ってきてからどうなってるのかわからないもんで、もったいないと思ってる。それぞれが貴重な経験をしてきたのだろうから、何かしら組織化して動けるように整えてみてはどうかな」

2009年、JOCAが「青年海外協力隊 応募促進支援キャンペーン キャラバン隊が行く!」で全国を回った。加藤悦子さん(平成17年3次隊/ルワンダ/ソーシャルワーカー)は愛知県瀬戸市長を表敬訪問した際に、市長からこんなアドバイスをもらった。このとき同行し、瀬戸市役所に勤めている畠山OGと地元でできることをやらないか、と相談し始めた。

以前から畠山OGの周囲では、「仕事や家庭のため名古屋までいくのは時間がないけれど、何かOBOGとして地元でできることがあれば参加したい」という帰国隊員の声があった。畠山OGは帰国後に大阪でJICAの仕事をしていたこともあり、その経験を生かして、まずは協力隊の募集説明会(2009年秋募集)を瀬戸で開催。これを皮切りにその後コアとして活動する3人の協力隊OGが集まり、組織化して活動していく方針を定めた。

  1. 協力隊の情報を地域住民(尾張旭市・瀬戸市・長久手町・日進市)に提供する
  2. 地域住民が協力隊員を通じて途上国の人々を支援する機会を提供する
  3. 地域住民/協力隊OBOGによる在住外国人支援が円滑に行われるように支援する

「ASENAN(アセナン)の会」発足へ


協力隊募集説明会での3人

2010年4月、青年海外協力隊愛知県OB会のブランチとして任意団体「ASENANの会」が発足。同年11月、瀬戸市市民活動団体に登録した。ASENANとは尾張旭市(A)、瀬戸市(SE)、長久手町(NA)、日進市(N)にまたがって活動するという意味。

瀬戸市での活動をパイロットとし、生活範囲内である他の市町にも活動を広げる予定だ。加藤さんは副会長として事務、広報、会員獲得活動を担当。現在会員は6名となっている。発足後、瀬戸市長に挨拶に行くと「その情熱を若い人に」と激励された。

 顔が見える強みを活かした活動

地域密着型の活動を広げるため、まずは市内の国際センターと、地元FMラジオ局と連携協力を得るため、意見交換を行った。瀬戸市出身の協力隊員の現地での様子について市民に発信してもらおうという狙い。両機関とも2009年のキャラバン隊で表敬訪問したきっかけが実り、協力を得られることとなった。

さっそく派遣前の協力隊員にインタビューを行った。今後は現地レポートを出身小中学校の担任教諭や部活動の顧問などに届ける。

「隊員の活動を恩師に届けることで、学校と隊員の距離が縮まり、協力隊を身近に思う人が増えると思います。顔が見える強みを活かした活動がしたいです」

このほか、アフリカ・ウガンダに派遣中の協力隊員の活動をサポートするため、地元サッカー協会に相談し、サッカーボールを100個近く集め現地に送る手配も進めている。地元と途上国をつなぐ活動は、地域の子どもたちの夢を広げる 貴重な機会となっているのではないだろうか。 


サッカーボール集め

「ASENANの会」のメンバーは瀬戸市を中心に在住しており、距離的に集まりやすい。役員間のミーティングは平日のランチタイムに集まって、昼食を取りながら行っている。本業の合間を縫っての限られた時間だが、楽しむことを忘れず和気あいあい行われている。

副会長の加藤さんは普段、行政機関で臨床心理士として働いている。また協力隊時代に活動していたアフリカ・ルワンダで、元ストリートチルドレンが働く牛のつの工房製品を扱う「仕事ノアル暮らし」を運営している。現在8名が工房で働いている。彼らの喜ぶ姿は、今も加藤さんの大きな原動力となり続けている。

 『協力隊』というキーワード

ひょんなきっかけで参加したキャラバン隊であったが、それまで近くにいるのに存在を知らなかった地元の協力隊経験者と出会い、ASENANの会ができたことに、繋がりの不思議さを感じている。

「思わぬところからOB情報を聞いたり、『協力隊』というキーワードで友達が増えるのが楽しみです。すべてはキャラバンで畠山さんに会ったところから始まりました。活動内容は、もともと彼女が以前から考えていたこと。彼女の経験と実務能力、温かい人柄とともに、今後一緒に歩いていくのが楽しみです。出会いのチャンスをくれたJOCAには感謝しています。」

今後の活動に注目したい。 

 

「帰国隊員の活動紹介」一覧に戻る

自治体・地域の方

  • 熊本地震 被災地への支援
  • おきなわ世界塾
  • マラウイ農民自立支援プロジェクト
  • 外務省主催 NGO インターン・プログラム制度
  • 協力隊ナビ~協力隊経験者と語ろう~
  • 青年海外協力隊講座
  • 協力隊OB・OG会情報
  • 青年海外協力隊事業創設50周年記念 映画製作『クロスロード』
  • 協力隊ボイス フェイスブック

ページの先頭に戻る