『日本語で外国人と話す技術』高嶋幸太[モンゴル H21-4 日本語教師](2018年5月15日掲載)

 

近年、日本を訪れる外国人の数は増えています。
彼らとのコミュニケーションは、自ら語学力を身につけたり、語学力がある人に通訳をしてもらったりするなど、さまざまな手段が考えられます。
本書では、そのような視点から離れ、日本語が少し話せる外国人に対してはどのような日本語を使えば理解してもらえるか、そして外国人と楽しく交流するための日本語コミュニケーションのポイントは何かを、普段外国人に日本語を教えている日本語教師の視点からお伝えします(「はじめに」より)。

【著者コメント】
地域社会で外国人と接する際や、任国で日本語が少しわかる現地の人と交流する場面を想定し、どのような日本語を使えば理解してもらえるか、そして、彼らと楽しく交流するための日本語コミュニケーションのポイントは何かを、普段外国人に日本語を教えている日本語教師の視点から伝える一冊です。
本書が外国人との交流の際、お役に立ち、楽しいひとときを過ごす一助になれば、著者としてこれほど光栄なことはない所存です。

書籍情報

『日本語で外国人と話す技術』
著者:高嶋幸太(モンゴル H21-4 日本語教師)
発行:くろしお出版
定価:1,400円(税別)
発売日:2018/6/7
▼出版社サイトでの紹介
http://www.9640.jp/book_view/?770

 

自治体・地域の方

  • 企画調査員(ボランティア事業)を目指す方へ
  • おきなわ世界塾
  • 協力隊ナビ~協力隊経験者と語ろう~
  • マラウイ農民自立支援プロジェクト
  • 外務省主催 NGO インターン・プログラム制度
  • 熊本地震 被災地への支援
  • 青年海外協力隊講座
  • 協力隊OB・OG会情報
  • 青年海外協力隊事業創設50周年記念 映画製作『クロスロード』
  • 協力隊ボイス フェイスブック

ページの先頭に戻る