『<初級者の間違いから学ぶ>日本語文法を教えるためのポイント30』 高嶋幸太(H21-4/モンゴル/日本語教師)、岩原日有子(H21-4/パラグアイ/日本語教師)、内山聖未(H12-2/トンガ/日本語教師)、川野さちよ(H21-4/ベトナム/日本語教師)[2018年1月17日掲載]

本書は日本語学習者が誤用しやすい30の文法ポイントについて、誤用例を提示したうえで「なぜ誤用されるのか」、「どのように教えれば理解されるのか」を解説する日本語教師向けの参考書です。文法指導ですぐに使える導入のアイディアを多数掲載し、練習問題実例集・イラスト教材例も付いています。

著者の高嶋幸太OB(H21-4/モンゴル/日本語教師)からのコメントです。

 本書は『その日本語、どこがおかしい? 日本語教師のための文型指導法ガイドブック』(国際語学社)を、『<初級者の間違いから学ぶ>日本語文法を教えるためのポイント30』とリニューアルし、増補改訂新装版として刊行したものです。新規の文法項目や追加付録なども収め、旧版に1,000か所以上の加筆・修正を施していますので、より使いやすい指導参考書になったと考えています。
新装版として生まれ変わった本書が世界の多くの日本語教育の場で活用され、日本語の授業をする際、何かのお役に立てばと願っております。同時に、本書がことばの多様性に興味を持つ1つのきっかけになれば幸いです。

 

書籍情報

 『<初級者の間違いから学ぶ>日本語文法を教えるためのポイント30』
編著:高嶋幸太(H21-4/モンゴル/日本語教師)、関かおる
著者:岩原日有子(H21-4/パラグアイ/日本語教師)、内山聖未(H12-2/トンガ/日本語教師)、川野さちよ(H21-4/ベトナム/日本語教師)、Tran Thi My
発行:大修館書店
定価:2,200円(税別)
発売日:2018/2/1

▼出版社サイトでの紹介
https://www.taishukan.co.jp/book/b341469.html

 

 

自治体・地域の方

  • 企画調査員(ボランティア事業)を目指す方へ
  • おきなわ世界塾
  • 協力隊ナビ~協力隊経験者と語ろう~
  • マラウイ農民自立支援プロジェクト
  • 外務省主催 NGO インターン・プログラム制度
  • 熊本地震 被災地への支援
  • 青年海外協力隊講座
  • 協力隊OB・OG会情報
  • 青年海外協力隊事業創設50周年記念 映画製作『クロスロード』
  • 協力隊ボイス フェイスブック

ページの先頭に戻る