東京オリンピック・パラリンピック言語サービスボランティアの募集

joca-Domi登録者のみなさま

こんにちは。JOCA総務部です。東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会の言語サービス課から大会ボランティアについて連絡がありました。
組織委員会の言語サービス課では、大会時に各会場における記者会見や選手へのインタビューの場面等において、プロによる通訳や言語ボランティアによるコミュニケーションサポートのサービスを提供します。
現在、コロナ禍の影響により、登録されている言語ボランティアのうち海外居住の方々の来日が制限される可能性が高い状況にあります。その方々が期待されていた外国語でのコミュニケーションサポートについて、希少言語に精通している協力隊OVのみなさまにあらためて大会ボランティアへの参加のお声掛けをさせていただきたいという内容です。
求められている要件としては、「英語⇔もう1言語(以下)で、インタビューにおいて選手と記者の間で会話支援ができること」です。基本的には英語が基軸となりますが、「日本語⇔派遣国の現地語」という組み合わせで活動いただくことも考えています。

言語:
フランス語、スペイン語、ロシア語、アラビア語、ポルトガル語、ハンガリー語、ルーマニア語、ウクライナ語、ポーランド語、セルビア語、スワヒリ語、アムハラ語、トルコ語、ヒンディー語、インドネシア語、タイ語、ベトナム語、モンゴル語、ウズベキスタン語、カザフ語

活動期間:
【競技会場】  7月23日~8月8日(オリンピック)、8月24日~9月5日(パラリンピック)
【非競技会場】 7月1日~9月5日(メインプレスセンター、選手村)
・10日間以上を基本(競技スケジュール、シフトにより下回る場合あり)
・1日8時間程度(休憩時間含む)

関心のある方は、下記、言語サービスボランティア応募要領をご一読いただき、同応募情報シートをダウンロードし必要事項を記載の上、JOCA総務課担当までメールにて提出してください。
(3月31日提出締切)

言語サービスボランティア応募要領

応募情報シート

担当:総務部総務課 藤田 メール:komagane-hq@joca.or.jp TEL:0265-98-0237

宜しくお願いいたします。
 

お知らせ

  • 企画調査員(ボランティア事業)を目指す方へ
  • エッセイコンテスト2018
  • おきなわ世界塾
  • 協力隊ナビ~協力隊経験者と語ろう~
  • マラウイ農民自立支援プロジェクト
  • 外務省主催 NGO インターン・プログラム制度
  • 熊本地震 被災地への支援
  • 青年海外協力隊講座
  • 協力隊OB・OG会情報
  • 青年海外協力隊事業創設50周年記念 映画製作『クロスロード』
  • 協力隊ボイス フェイスブック

ページの先頭に戻る