シンポジウム【「ごちゃまぜ」のまちづくり】のライブ配信について

 このたび、ウィズコロナ時代の中で新しい日常をつくり、これからの暮らしを守るために実施する政府の広報事業のひとつとして、シンポジウム「『ごちゃまぜ』のまちづくり」が10月25日(日)13:00からライブ配信されることになりました。
基調講演は、当協会代表理事でもある雄谷良成(社会福祉法人佛子園理事長)による「ごちゃまぜ~看取り合う共生社会」。子どもから高齢者まで、障害のある人もない人も、そして日本国籍の人も外国籍の人も、お互いに交ざりあって暮らすことの幸せについて語ります。
その後はクロストーク。「人の顔が見えるまちで暮らしたい〜空き家の利活用で再生した「輪島KABULET」の魅力」と題して、歌手・女優の中尾ミエさん、輪島市の坂口茂副市長も加わっての鼎談です。まちなかに点在する空き家を利活用することで市民の交流を呼び起こした輪島市の「生涯活躍のまち」プロジェクト「輪島KABULET」について、昨年、現地を訪問して魅了された中尾ミエさんを中心とした楽しいお話になると思います。
本シンポジウムはどなたでもご視聴できます。詳しくは下記のURLをご覧ください。
https://www.gov-online.go.jp/tokusyu/COVID-19/symposium/202010/02.html
当協会が地方創生事業を通して何を目指しているのかを知っていただく機会にもなると思いますので、ぜひアクセスいただければ幸いです。

お知らせ

  • 企画調査員(ボランティア事業)を目指す方へ
  • エッセイコンテスト2018
  • おきなわ世界塾
  • 協力隊ナビ~協力隊経験者と語ろう~
  • マラウイ農民自立支援プロジェクト
  • 外務省主催 NGO インターン・プログラム制度
  • 熊本地震 被災地への支援
  • 青年海外協力隊講座
  • 協力隊OB・OG会情報
  • 青年海外協力隊事業創設50周年記念 映画製作『クロスロード』
  • 協力隊ボイス フェイスブック

ページの先頭に戻る