南部町版CCRC(生涯活躍のまち) 鳥取県と連携協定締結 ~構想具体化に一歩前進(2016年9月13日掲載)

 

左から坂本昭文町長、雄谷良成理事長、高橋英與社長、平井伸治知事

 

9月2日、鳥取県南部町における地方創生の取り組み『南部町版CCRC(生涯活躍のまち)』の推進を目的とする協定を、鳥取県、南部町、(株)コミュニティネット(高齢者住宅の開発や運営を全国展開する企業:以下、CN)、そしてJOCAの4者で締結しました。

鳥取県知事公邸での調印式には、平井伸治県知事、南部町の坂本昭文町長、コミュニティネットの高橋英與社長、そしてJOCAの雄谷良成理事長らが出席。南部町が策定した生涯活躍のまち構想は、国から先進的モデルに選定され今後が注目されています。
平井知事は、「行動を起こす人がいなければ世の中は変わらない。大きな決断、行動に感謝したい。県としても南部町の取り組みをしっかりサポートしていく」と挨拶されました。南部町の坂本町長は、昨年11月にパシフィコ横浜(横浜市)で開催された青年海外協力隊発足50周年記念式典にも足を運ばれるなど協力隊の応援者であり、帰国隊員による地方創生の推進に大きな期待を寄せています。

南部町は、全域が環境省の重要里地里山に認定されており、オオサンショウウオなどの希少生物が生息する自然豊かな町です。また、住民自治を促進するために町内7地域に設置されている地域振興協議会の取り組みは、先進的な取り組みとして注目されています。
南部町は、この素晴らしい里山の魅力と住民自治の取り組みを組み合わせて、地域に人を呼び込むことを盛り込んだ地方創生総合戦略を策定しました。今後、CNは主に移住の促進を、JOCAは生涯活躍のまち拠点づくり構想実現に向けて、南部町と連携し、県の後方支援を受けながら事業推進に取り組んでいきます。

 

「平成28年度お知らせ」一覧に戻る

お知らせ

  • 企画調査員(ボランティア事業)を目指す方へ
  • おきなわ世界塾
  • 協力隊ナビ~協力隊経験者と語ろう~
  • マラウイ農民自立支援プロジェクト
  • 外務省主催 NGO インターン・プログラム制度
  • 熊本地震 被災地への支援
  • 青年海外協力隊講座
  • 協力隊OB・OG会情報
  • 青年海外協力隊事業創設50周年記念 映画製作『クロスロード』
  • 協力隊ボイス フェイスブック

ページの先頭に戻る