【メディア掲載】国際開発ジャーナル7月号(2016年7月7日掲載)

国際開発ジャーナル7月号表紙

青年海外協力隊協力隊事業が創設50周年を迎えた2015年、国際協力機構(JICA)は、外部有識者から成る「JICAボランティア事業の方向性に係る有識者懇談会」を設置しました。この懇談会には、当協会の金子洋三前会長も委員として加わっています。

懇談会での議論の結果は、「提言:これからのJICAボランティア~青年海外協力隊から始まる50年を顧みて~」として、2016年3月29日に発表されました。

現在発売中の『国際開発ジャーナル2016年7月号 特集:工業国への試練』には、懇談会の座長を務めた公益財団法人ひょうご震災記念21世紀研究機構の五百旗頭真理事長と、同誌の荒木光弥主幹による特別対談「青年海外協力隊50周年特別対談 『心のつながり』重視する奇跡の事業」が掲載されています。

関連記事として、北野一人事務局長のインタビュー「青年海外協力協会 進む国内課題への対応」も掲載されました。ぜひご覧ください。

関連リンク

 

「平成28年度お知らせ」一覧に戻る

お知らせ

  • 企画調査員(ボランティア事業)を目指す方へ
  • おきなわ世界塾
  • 協力隊ナビ~協力隊経験者と語ろう~
  • マラウイ農民自立支援プロジェクト
  • 外務省主催 NGO インターン・プログラム制度
  • 熊本地震 被災地への支援
  • 青年海外協力隊講座
  • 協力隊OB・OG会情報
  • 青年海外協力隊事業創設50周年記念 映画製作『クロスロード』
  • 協力隊ボイス フェイスブック

ページの先頭に戻る