熊本地震被災地での緊急支援~活動報告[1](2016年5月19日掲載)

熊本県地震被災地での緊急支援として、当協会は5月13日より、益城町の広安西小学校内の避難所を運営を支援しています。活動要員として、職員2名、帰国隊員からなる災害救援専門ボランティア2名を配置。交代制で24時間避難所に詰め、毎日朝8時から夜8時ごろまでは書類等の作成支援、避難所を見回り備品の補充や清掃、食事の準備などの業務を担い、夜8時から翌朝までは、宿直を担当しています。

現地では、山鹿市のOBが営む旅館より宿泊所の提供を受けているほか、NPO九州海外協力協会、熊本県青年海外協力協会と連携を取りながら活動しています。

6月末までをめどに、災害救援専門ボランティアを2~4週間交代で派遣し、活動を継続する予定です。

活動の様子

 

写真

活動写真 写真

 

関連リンク

熊本地震への緊急支援

災害救援専門ボランティア

お知らせ

  • 熊本地震 被災地への支援
  • おきなわ世界塾
  • マラウイ農民自立支援プロジェクト
  • 外務省主催 NGO インターン・プログラム制度
  • 協力隊ナビ~協力隊経験者と語ろう~
  • 青年海外協力隊講座
  • 協力隊OB・OG会情報
  • 青年海外協力隊事業創設50周年記念 映画製作『クロスロード』
  • 協力隊ボイス フェイスブック

ページの先頭に戻る