日本との友好を、あーすぷらざで深めたい~盛況裡に終わったブルキナファソ友好イベント(2015年11月13日掲載)

西アフリカの国、ブルキナファソ。近年は、同国での青年海外協力隊・野球隊員の活動が話題になっていますが、日本ではまだあまり知られていません。当協会が指定管理者として運営する神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)に、駐日ブルキナファソ大使館から寄せられた、「独立記念イベントを開催したい」という問い合わせがきっかけとなり、10月25日、日・ブルキナファソ友好イベントを開催しました。

きっかけはアフリカ開発会議

2013年6月に横浜で開催された、第4回アフリカ開発会議(TICAD V)。この会議の開催は、神奈川県が国際都市としてアフリカ各国からの注目を集める機会となりました。神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)は会議終了後も、職員の多くが元青年海外協力隊経験者であるという強みを活用し、アフリカに関連する展示やイベント、セミナー等を開催してきました。そんな中、駐日ブルキナファソ大使館より、「独立記念を祝うイベントを、今年12月に、あーすぷらざで開催したい」とのお話をいただきました。

同国のフランソワ・ウビダ大使からは、「アフリカ各国が神奈川県や県民との関係深化を願っている。ブルキナファソ大使館は、TICAD Vの際に実施した『一校一国運動』を現在もあーすぷらざ近隣の小学校で継続している。知り合った子どもたちをイベントに招待したい。またあーすぷらざには、青年海外協力隊としてブルキナファソをはじめアフリカ各国や開発途上国で素晴らしい活動をしてきたスタッフが大勢いる」といったうれしいメッセージもいただきました。

独立記念イベントの準備に取り掛かる中、たった1回のイベントで終わらせてしまうのはもったいない、と声を上げたのが、ブルキナファソ出身のサワドゴ・サイドゥーさん。サイドゥーさんは、あーすぷらざがある栄区に在住しています。「ブルキナファソを、日本人にもっと身近に感じてもらいたい」「日本人がブルキナファソに協力してくれているように、私たちも恩返ししたい!」――ブルキナファソ人たちのそんな感謝の気持ちを表すイベントとして、独立記念イベントのプレイベント「ファソ・ニッポン・ズード・フェスタ」(ズードはブルキナファソのモレ語で友好という意味)を10月25日に開催することになりました。

写真
ミニコンサートの様子

開催には、栄区や地域の市民団体など、多くのボランティアの運営協力を得ることができました。当日のプログラムには、映画『TILAI(チライ)~掟』の上映を企画。日本ではおそらく初上映となるこの作品は、1990年のカンヌ映画祭で審査員特別グランプリを受賞したほか、毎年ブルキナファソの首都ワガドゥグーで開催されている全アフリカ映画祭(Festival panafricain du cinéma et de la télévision de Ouagadougou: FESPACO)で、1991年にグランプリを獲得した作品です。サワドゴ氏を中心にボランティアが日本語字幕を付けました。日本語がちょっとおかしな部分は、ご愛嬌です。

写真
ブルキナファソの民芸品や特産物のシアバターを展示

このほか、サワドゴ氏と元協力隊員が、スライドを使ってブルキナファソの文化や現地の協力隊活動エピソードを紹介しました。民族衣装のファッションショーでは子どもたちが着飾り、神戸に住むブルキナファソ人のミュージシャン、ミルゴ・ベノワさんもボランティアで駆けつけてくれ、ジャンベやバラフォン、ひょうたんから作られた弦楽器などによる演奏にダンスを交えたミニコンサートを開催。大いに盛り上がりました。最後には、ブルキナファソで親しまれている、ビサップ(ハイビスカス)ジュースとバオバブジュースを全員で飲みながら、楽しいひと時を過ごしました。

写真
挨拶を述べるウビダ大使(右)と、イベント開催の中心人物、サイドゥーさん

この日のイベントでは、ウビダ大使が挨拶され、現地からも政府関係者が来日。アフリカ各国の駐日大使や大使館関係者などの参加もあり、定員120名のところ、140名もの来場者が集まりました。

メインとなるブルキナファソ独立記念イベントは、来たる12月11日(金)に開催予定です。プレイベントの盛況を祝し、独立記念イベントの成功を祈願して、ブルキナファソが少しでも皆さんの心に残ればうれしい限りです。

 

報告: あーすぷらざ 伊藤丈和/平成14年度1次隊・ブルキナファソ・村落開発普及員

ブルキナファソ基礎情報

旗

地図

人口・・・1,759万人(世界銀行2014年データによる)
首都・・・ワガドゥグー
主要産業・・・農業(アワ、トウモロコシ、タロイモ、綿及び牧畜)
日本への主な輸出品・・・ゴマ、化学製品
青年海外協力隊員派遣開始年・・・2000年4月
協力隊派遣者数累計・・・・・375名(2015年9月30日時点の数、16名活動中)

参考:外務省「国別情報 ブルキナファソ」、国際協力機構(JICA)青年海外協力隊派遣状況

関連リンク

神奈川県立地球市民かながわプラザ(あーすぷらざ)

指定管理者・業務受託団体として運営する施設

外務省 国別情報 ブルキナファソ

外務省 第5回アフリカ開発会議(TICAD5)

お知らせ一覧に戻る

お知らせ

  • 熊本地震 被災地への支援
  • おきなわ世界塾
  • マラウイ農民自立支援プロジェクト
  • 外務省主催 NGO インターン・プログラム制度
  • 協力隊ナビ~協力隊経験者と語ろう~
  • 青年海外協力隊講座
  • 協力隊OB・OG会情報
  • 青年海外協力隊事業創設50周年記念 映画製作『クロスロード』
  • 協力隊ボイス フェイスブック

ページの先頭に戻る