平成26年度第1回評議員会と第3回定時社員総会を開催(2014年7月10日掲載)

社員総会の様子
社員総会で説明を述べる金子会長

2014年6月21日、22日の2日間、東京・代々木の国立オリンピック記念青少年総合センターにおいて平成26年度第1回評議員会と第3回定時社員総会を開催しました。

来年は青年海外協力隊事業創設から50周年という節目の年。期待とともに、記念すべき日を全国の帰国隊員がいかに盛り上げるか、そして、平成21年12月に発表した緊急アピール「青年海外協力隊事業を国家戦略とする」を起点に今日まで積み上げ、当協会が今般提唱しようとする「『国内協力隊』構想への具体化に向けた提言」を大きなテーマとして開催しました。

評議員会にはJICA青年海外協力隊事務局の小川登志夫事務局長にお越しいただき、協力隊事業の現況や来年の協力隊事業創設50周年に関する事業計画等について話していただきました。現在選考中のJICAボランティア平成26年度春募集の応募状況や、応募者の特徴、要請内容に至るまで、最近の事業の動きについて説明がありました。東日本大震災発生の影響で激減した応募者数もここ数年で徐々に持ち直しつつあるものの、引き続き応募促進関連事業の強化が求められる状況にあると述べられました。

当協会は50周年の関連事業を昨年に開始していますが、来年予定されているこの式典に向けて、帰国隊員の皆さまと一緒に盛り上げたいと考えておりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。
 

(総務部総務課)

 

ページの先頭に戻る