JOCA所属について

これから、企画調査員(ボランティア事業)に応募される方!
そして、既に選考に合格した方!
JOCA所属VC(※)となって、我々と一緒に、JICAボランティア事業の発展に貢献しましょう!

※ 企画調査員(ボランティア事業)は、「ボランティア調整員」あるいは「VC(=Volunteer Coordinator)」と表記することがあります

 

JOCAは、青年海外協力隊OBOGが中心となって、その貴重な経験を様々な形で生かすことを目的とした団体です。現在、JICAボランティアの事業サイクルの全てのプロセスにおいて、JOCA職員が実務に関わっており、それがJOCAの大きな強みとなっています。

JICAボランティア事業プロセス


現在、勤務先が無い方、あるいは派遣にあたり現在の勤務先を退職される予定の方、いずれの場合もVC選考合格通知を受けた後でも、JOCAに所属し、以下のようなメリットを享受することが可能です。

JOCA所属のメリット

JOCAは企画調査員(ボランティア事業)の所属先として、この制度が始まって以来、長年にわたり最多のVCが所属している団体です。

JOCA所属の企画調査員(ボランティア事業)となると、以下のような特典があります。

 

各種社会保険加入

国内で勤務するJOCA職員と同様の雇用契約となり、社会保険(健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険)に加入します。その際の事務手続きは、全てJOCA事務局が代行します。
年金保険について、所属先なしの場合、必要に応じて個人で国民年金保険に加入することとなりますが、厚生年金保険は、国民年金保険プラス会社負担分の上乗せを含むものとなっているため、国民年金保険単体と比べて、年金受給額が多くなります。
例)JOCA所属の企画調査員(ボランティア事業)として、30歳から50歳まで、計5回赴任し、それぞれ3年間の任期(当初任期2年間+延長1年間)となった場合、同期間について国民年金保険に加入した場合と比較して、年間年金受給額が約34万円アップします。
※受給額の変化の度合いは、企画調査員(ボランティア事業)参加時の年齢や、それ以前の経歴によって変化します。

 

選考対策(合格率75%超!)

JOCAが実施する「企画調査員を目指す方へのセミナー」パートⅡ:実践編)は、JOCAに所属することを前提に受講が可能です。
セミナーでは、JOCAが独自に調査・収集したデータに基づき、確度の高い選考対策支援を行います。
※合格率は2017年度前期派遣募集の実績です。
※合格者数には有資格合格を含んでいます。

 

派遣中各種サポート

派遣中に生じる業務および業務外の様々な問題について、過去に企画調査員(ボランティア事業)の業務経験を持つJOCA職員によるアドバイスを受けることができます。
また、JOCAに所属して世界中で活躍中の現役企画調査員(ボランティア事業)と様々な情報収集/情報共有が可能です。

 

キャリアサポート

VCの任期を終えて帰国の後、再度VCに応募する場合やJOCAの他の業務に関心がある場合、あるいは他の国際協力関連業務を希望する場合など、ご本人の希望に応じて、可能な限りのサポートを行います。

 

JOCA所属についてさらに詳しく知りたい方は、「企画調査員を目指す方へのセミナー(パートI:入門編)で詳しくご説明しますので、是非参加してください。

企画調査員を目指す方へのセミナー(パートI:入門編)へのリンク
 

 

ページの先頭に戻る