2020年東京オリンピックに向けて

オリンピック・パラリンピックのホストタウンと協力隊国別OBOG会の連携

2020年の行われる東京オリンピック・パラリンピックでは、グローバル化の推進、地域の活性化などの観点から、多くの地方自治体が「ホストタウン」として名乗りをあげています。

青年海外協力隊の国別OB会には、そんな地方自治体と連携して、かつての任国やその選手を支援しようとする団体があります。ここではそういった団体を紹介していきます。

どこの自治体が、どこの国のホストタウンになっているかは以下のページで確認ができます。
青年海外協力隊が派遣されている(いた)多くの国にも、ホストタウンとなっている自治体があるようです。
みなさまもご自分の派遣国のホストタウンを探してみてませんか? 

 東京オリンピック・パラリンピックホストタウン一覧(首相官邸HP)

ルーマニアOB会 - 武蔵野市

ルーマニアOB会 - 武蔵野市

ルーマニアのホストタウン、武蔵野市。ルーマニアOB会はその武蔵野市と連携して、ルーマニアとそのオリンピック選手・パラリンピック選手をサポートしています。

ページの先頭に戻る