映画『クロスロード』クロスレビュー(その1)~協力隊経験者はどう見たか?(2015年11月26日掲載)

11月28日(土)より公開の『クロスロード』。7月~10月までに行なわれた試写会で、協力隊経験者である当協会職員も鑑賞する機会がありました。寄せられたコメントを紹介します。

※文中のカッコ内は、協力隊派遣隊次・派遣国・職種を表します。


約100分の中に、協力隊員の葛藤やモヤモヤ感がうまくまとめられていました。隊員経験者は共感できる、未経験者は考えさせられる映画だと思います。
(H1-1・グアテマラ・バレーボール)

協力隊経験者にとっては「わかるなぁ」という葛藤がわかりやすく描かれていて共感できました。協力隊のエッセンスが凝縮されていたように思います。協力隊やボランティア、国際協力の世界に挑戦したい人のモチベーションを高めてくれる作品だと思います。
(平成24年度・パラグアイ・村落開発普及員)

協力隊経験者だけではなく、協力隊を知らない一般の方にも広く楽しんで見ていただける映画だと思いました。特に、人としての生き方について深く考えさせられました。
(H10-1・ニジェール・村落開発普及員)

協力隊について知らない方に見てもらいたいです。二人の青年が刺激しあい、成長していく過程が画面から伝わり、感動しました。
(平成9年度3次隊・エクアドル・野菜)

フィリピン人俳優の自然な演技がよかった。青年海外協力隊を志す方にぜひ見てほしいです。
(平成21年度3次隊・キルギス・青少年活動)


「協力隊に参加していない方に見てもらいたい」というコメントが多くありました。次回は「こう考えた」編を掲載します。

青年海外協力隊創設50周年記念事業 映画『クロスロード-Crossroads』

  • 企画調査員(ボランティア事業)を目指す方へ
  • おきなわ世界塾
  • 協力隊ナビ~協力隊経験者と語ろう~
  • マラウイ農民自立支援プロジェクト
  • 外務省主催 NGO インターン・プログラム制度
  • 熊本地震 被災地への支援
  • 青年海外協力隊講座
  • 協力隊OB・OG会情報
  • 青年海外協力隊事業創設50周年記念 映画製作『クロスロード』
  • 協力隊ボイス フェイスブック

ページの先頭に戻る