ルーマニアの子どもたちの生活

写真:ルーマニアの子どもたちの生活

テーマ 生きる
内容 写真3枚、解説書

ご注文の前に

ご注文案内をご確認ください。
ご注文案内

教材のねらい

私たちは日本社会で生活していたときとは違う価値観に出会い、「現地の人の生き方」を通してその国の社会背景、相手の状況について深く考えさせられた。この教材では、ルーマニアの様々な生活環境の中で希望を持って生きている子どもたちを通して、自分の「生き方」について考えます。

展開

主人公は3人。小児エイズに感染しているミハエラ。お父さんが出稼ぎに行っているアンナ。ストリートチルドレンのエレナ。導入では、主人公になったつもりで写真を読み取りながら状況や心情を想像する。そして、厳しい状況にありながらも、なぜ笑顔で生きることができるのかを話し合う。最後には自分や自分の身の回りにある笑顔について思い起こし、笑顔で生きていきたいという気持ちを生み出すきっかけを作る。

教材体験者の声

  • 「自分の笑顔」と言われてはっとした。この子どもたちのことをずっと思い続けたい。僕が今もっているモノサシじゃ計れない事柄があった。(高校1年生)
  • 自分の生き方について考えることができたことは大変有意義であり、これまでの異文化理解プログラムとは少し視点が変わった。(中学校教員) 

 注文フォームに進む

【問い合わせ先】
国内事業部 グローバル人材育成課 地球生活体験学習担当
[電話]03-6261-0246(平日9時30~17時45分/土日祝日、年末年始を除く)
フォームによるお問い合わせはこちらから(新しいウインドウが開きます)

ページの先頭に戻る