事業紹介

地域に根ざした国際交流・国際協力の先駆者として

JICAボランティア事業支援

ボランティア広報支援業務

募集説明会の開催

毎年、春と秋の二回、JICAボランティア(青年海外協力隊/日系社会青年ボランティア、シニア海外ボランティア/日系社会シニア・ボランティア)の募集説明会を実施しています。

募集広報支援 

ボランティア募集に関わる広報実施計画案の策定、ポスター、新聞、雑誌等の広報媒体の原稿確認、ポスター・写真パネル等の掲示・撤収などを行なっています。

ボランティア各種支援事業

表敬訪問・壮行会・帰国報告会実施支援

帰国ボランティア支援

協力隊ナビ

毎月1回(JOCA中部支部では2回)協力隊ナビを各県OB会によって開催しています。
http://www.joca.or.jp/chubu/event/navi1.html

開発教育の推進

地球生活体験学習セミナーの開催

JOCAでは、青年海外協力隊員が感じた地球生活を体験する教材を独自に開発。教材を実際に体験することで、「地球市民としての自分」を見つめなおすきっかけを提供します。

JICA事業支援

国際協力出前講座

青年海外協力隊OB・OGなどの国際協力の経験者が、現地での活動体験や市民参加による国際協力のあり方についてなどを講演します。

地方自治体への国際化支援

近年地域社会において文化・風習の異なる様々な国籍の人が増えています。このように多くの文化が共存する中で、共に生きていく社会を築くためには、互いの違いを理解し、尊重することが大切です。このような「多文化共生社会」づくりを支援する地方自治体と連携し、必要に応じた活動を目指しています。

知立市 多文化共生イベントへの協力・参加 (2009年~)

春日井市 多文化共生フェスタへの協力・参加 (2009年~)

ワールド・コラボ・フェスタ2011ブース出展 (2008年~)

清須市 ウガンダ祭り (2012年3月)

刈谷市 国際プラザオープニングイベント(2012年4月)

国際交流事業

外務省21世紀東アジア青少年大交流計画支援事業

2008~2011 日中青少年友好交流年にちなむ招聘事業

2008年は「日中青少年友好交流年」であり、4年間にかけて、日中両国の青少年交流が実施されます。JOCA中部支部では、中国青年と高校生を受け入れ、中部地区の青年や高校生との交流、ホームステイ、各地視察を通じて、日本に対する客観的な理解を増進します。

マレーシア高校生招聘支援

財団法人日本国際協力センターと協力し、マレーシアの高校生の短期招聘プログラムの受け入れにおいて、受入先の確保および受入先とのプログラムの調整を実施しました。

その他

JICA青年研修事業支援

開発途上国の若者が18日間日本に滞在し、各専門分野の知識・技術を向上させる研修を受けながら将来の国づくりを担う人材育成を目的とした青年研修事業の手配・調整・実施を行っています。

JICA課題別研修事業支援

 

ページの先頭に戻る