地方創生事業

輪島KABULET®

輪島KABULET®

地域それぞれの魅力を出し、持続的な地域をつくる「地方創生」。なかでも、高齢者が元気なうちに入居して社会活動に参加しながら生活し、介護・医療が必要になればケアを受けられる「生涯活躍のまち」をつくる取り組みは、主要施策の一つに挙げられています 。アメリカで始まった「継続的ケアつき高齢者向けコミュニティー(CCRC; Continuing Care Retirement Community )」の日本版として各地で始められているこの新しい取り組みに青年海外協力隊経験を還元しようと、当協会は社会福祉法人佛子園(本部=石川県白山市)と連携し、漆の里・生涯活躍のまちづくりプロジェクト「輪島KABULET(カブーレ)®」を2015年12月に開始しました。

IWANUMA WAYプロジェクト

IWANUMA WAYプロジェクト

宮城県岩沼市で2016年より実施する、IWANUMA WAY事業を紹介します。

ページの先頭に戻る