ソロモンの宝~自然と知恵~(井上 栄 S20年度8次隊/ソロモン/ソフトボール)

私の活動は、教員養成学校での体育指導である。同僚となった40代の男性教員に学校の施設、備品を紹介してもらうと、なんとソフトボールの道具がある。私の最も好きなスポーツがソフトボールである。ソロモンに来てから一度もプレーをしている姿を見たことがなかったが、1999年の民族紛争が起こるまでは、中高等学校やリーグ戦があるくらい盛んに行われていたらしい。

すっかり気分が高揚した私は、同僚にぜひ体育の授業で教えさせてほしいとお願いした。そして、同僚は2つ返事で了解してくれた。

ソフトボールの指導が始まった。日本の学校では、グローブの持ち方、ボールの投げ方、バットの振り方、1 から全部教えないといけないが、ここでは違った。
肩が恐ろしく良かったのである。
「すごい」「すごい」と感激していると、学生たちは「マンゴーの実を取るために石を投げてるからね。」とか「飛ぶ鳥を落とすために石を投げてるからね」と笑いながら教えてくれた。
また、バッティングもみんな自然にバットが振れる。ボールに当たる。また、感動である。すると今度は、「ブッシュナイフ振ってるからと」また豪快に笑ってくれた。
子どもの頃からの習慣がそのままソフトボールの動作につながってた。
ソフトボールの練習を通して、私は、彼らの自然と暮らす文化をまざまざと感じさせられた。そして、どこでも生きていけるたくましさに感動した。

その一方でルールを理解するのは、とても難しかった。そこで、やはり理論より実践ということで、同じように活動する隊員、JICA 事務所の所長、大使館職員、さらには、現地で結婚し暮らしている日本人など、多くの日本人にお願いし、学生との交流試合を企画した。

試合に向けての準備をする中で壁にぶち当たった。ソフトボールのグランドを作るための石灰がないのである。さて、どうしたものか。配属先のグランドの横には、サッカー場があるので、まずサッカー場に言って聞いてみた。ペンキを使ってラインを引いていることがわかったが、ペンキ代が高額過ぎて出せない。
しかし、少しでも本物に近いものを味あわせたい。
アイデアが浮かばないまま何日か経った頃、同僚に相談してみた。

すると、日本人の私では、到底思い浮かばないアイデアが返ってきたのである。
「砂浜の白い砂を使えば良い!!」お金もかからない、グランドの芝にも影響しない。本当に素晴らしいと思った。何でもっと、同僚に早く相談しなかったのか、後悔した。
そして、大会当日、同僚と学生と白砂によるラインを引いて、日本人を迎えた。参加してくれた日本人もみんな驚いていた。なんだか、ソロモン人と一緒に築いたグランドが誇らしかった。

このソフトボールの練習、試合を通じて、ソロモンの良さを実感した。そして、私がもっている知識をソロモンの人のために使うには、ソロモン人の知恵、知識が必要なことを実感した。今でも、同僚に抱いた尊敬と感動は、忘れられない。

 

前に戻る

次のエピソードを読む

ページの先頭に戻る