平成26年度事業 マラウイ・グアテマラでの運動会開催トライアル事業

文部科学省委託『平成26年度戦略的二国間スポーツ国際貢献事業(スポーツ・フォー・トゥモロー)』
再委託事業「新たなスポーツ国際貢献モデルの検討」

2020年の東京オリンピック・パラリンピックを後押しする「スポーツ・フォー・トゥモロー」がいよいよ始動。当協会は、マラウイ共和国・グアテマラ共和国の2か国で日本式運動会(UNDOKAI)を実施しました。本事業の目的はUNDOKAIが現地の人々にどのような効果をもたらすのかを検討し、2020年に向けた日本の国際スポーツ貢献の形を模索するものです。

平成26年度は国際協力機構(JICA)青年海外協力隊事務局、JICAマラウイ事務所、JICAグアテマラ事務所、そして国際協力システム(JICS)の協力を得て、事業を実施しました。

写真
マラウイでの運動会

UNDOKAIを通し、世界の人へ笑顔を届ける

日本の「運動会」は、諸外国の「スポーツ・フェスティバル」とは少し趣が異なります。学校体育を中心に発展してきた運動会には、スポーツ種目の競争のほか、仲間との協力・達成感・一体感などの社会性の涵養(かんよう)が期待されています。真剣な競争の中にも笑いがあり、老若男女運動が得意な人もそうでない人も、障がいのある人もない人も、皆がそれぞれの立ち位置で楽しめるのが運動会なのです。

当協会が実施したUNDOKAIは、スポーツ国際貢献モデルの課題として「現地に根付くプロジェクト」を視野に入れて行なわれました。「真に相手に届く事業」をモットーに、これからも積極的にスポーツ・フォー・トゥモローを支援していきます。

関連リンク

スポーツ・フォー・トゥモロー

JICA青年海外協力隊事務局

JICAマラウイ事務所

JICAグアテマラ事務所

日本国際協力システム(JICS)“スポーツのチカラで、世界の人々に感動と喜びを”ページ

アフリカ・マラウイと中米・グアテマラでの運動会開催

アフリカ・マラウイと中米・グアテマラでの運動会開催

2月にマラウイで、3月にグアテマラで日本式運動会を開催しました。

ページの先頭に戻る