特定非営利活動法人 シンバ(ジンバブエ)

子ども達と
子どもたちと

団体名: 特定非営利活動法人 シンバ
活動国名: ジンバブエ

対象事業:Back to School~学校に帰ろう~

◆代表者JICAボランティア歴(国・隊次・職種):
芹川 悦子(タンザニア・15年度2次隊・水産物加工)

◆団体総メンバー数およびJICAボランティア経験者数:
会員数38名(うちJICAボランティア経験者8名)
 

現状

ジンバブエはハイパーインフレで有名であるように経済状況も厳しく、またエイズの罹患率も非常に高い国家です。ジンバブエの地方都市グエルで最も古い黒人居住区ムタパ地区はグエルの中でも貧しい人の多い地域で、親がエイズで亡くなっていたり、どこかに親が消えてしまったりと、孤児になってしまった子どもが数多く存在します。

彼らの多くは学校に通えなかったり、通えても学費支払いが遅延したりと、満足な教育を受けることに困難を抱えています。将来に希望を持てずに、その後犯罪に走ってしまうような青年も存在します。

NPO法人シンバがムタパ地区で簡単な状況調査を行ったところ、両親を失い、祖母と暮らしているものの祖母は仕事をしておらず収入が無かったり、両親と暮らせているもののエイズにかかり仕事ができなかったり、両親が離婚していなくなり、叔父に引き取られたものの、叔父が事故にあい身体不自由になったり、といった形で小学校に行くことすらままならなくなった状況の子どもが存在することがわかりました。

支援策(活動) 

NPO法人シンバは協力隊OBが中心に立ち上げた団体で、2012年からこの地域の小学生の学費の半額支援を行っています。メンバー全員が完全に無給で行っている小規模な団体ですので、限られた人数の児童しか支援することができておりませんが、現在同地区や近隣地区の20名弱の子どもを支援しています。現地コーディネーターと密に連携を取り、ただ奨学金を支援するだけでなく、家庭への聞き取り調査やレターを配布することで、子どもはもちろん、親に子どもを学校に通わせる意欲を持ってもらえるように工夫をしています。

団体とJOCAとの繋がり 

2013年、2014年と2年連続で本スカラーシップ制度を活用させて頂いております。本制度を利用することで、小学生のみであった対象を中学生にまで広げることができたこと、文具の支援を開始できるようになりました。家庭訪問の機会も増やし、学校に通い続けられるよう働きかけています。

日本の皆さんへのメッセージ

We sincerely thank you (SIMBA / JAPAN) for your continuous support that we received from you towards the education of the underprivileged children. We had a difficulty this year, because one child dropped out from the school and could not go back to school. Due to the heavy family situation, we really depressed the situation that child has. After that fact, we started to visit and talk with the family members more frequently. Then we tried to maintain their motivation towards education. Thank you SIMBA for your support, caring and love towards us. May the good Lord bless you and your families. May you all wishes and dreams come true. Rati (Representative of SIMBA in Zimbabwe)

(訳)
昨年に引き続き、困難を抱える子どもたちへの奨学金支援、本当にありがとうございます。今年はとても残念なことがありました。これまで支援を行ってきた子どもで、学校を辞めてしまった子どもがいたのです。ですので、家庭をもっと訪問して話を聞いたりと、家族皆の教育へのモチベーションを保てるように努力しました。エイズや貧困で孤児になったり、親と暮らせない子どもたちを支援してもらい、本当に有難く思っています。皆さんの幸せも願っています。ラティ(シンバ・ジンバブエスタッフ)
 

写真
支援する子どもたち

写真
支援する子どもたち

写真
コーディネーターと子どもたち

写真
子どもたちが居住するムタパ地区


 

ページの先頭に戻る