ニュースレター4月号

2014年3月7日に日本国外務省との間で「日本NGO連携無償資金協力」の契約が締結され、本プロジェクト第3ステージが正式に開始されました。本プロジェクトは、JOCAがマラウイ国ムジンバ県で“農民の持続的自立発展への意識改革”を目指して2005年に開始した第1ステージが始まりであり、第2ステージ(2009年9月~2012年12月)は“農民の主体性および自立心の強化”を目指し、「日本NGO連携無償資金協力」の支援を受けて実施されました。今回の第3ステージ(2014年3月~2017年3月)では、小規模商業農家による複合農業の普及”を通し、長期にわたって生計を安定的に向上させることが目的であり、終了後は農民がドナー等外部からの支援を受けずに自立出来ることを目標としています。

ページの先頭に戻る