3月 こんなことも出来る、あんなことも出来る

「こんなことも出来る、あんなことも出来る」

 


チャポンゴレラグループのメンバー。一番右が伝達農家のジョナジ・ルング氏。

 カムウィロセクション、ムニャングァ・ルング村、チャポンゴレラグループ。ある日、このグループを訪ねてメンバーとディスカッションをしました。その時のやり取りの一部です。
JOCA:「皆さんは誰からいろんな技術を教わりましたか?」
メンバー:「ゾンベ村長。それから、我らが伝達農家ジョナジ・ルング」

JOCA:「現在行っている活動は何ですか?」
メンバー:「グループ圃場でのトマトとキャベツの栽培。これらの売り上げで今年ヤギを一頭購入予定です。それから2 年以内に乳牛を一頭飼う計画です。乳牛はメンバーの健康のために自給用の牛乳を得るためです。」


JOCA:「自分たちで買えますか?」
メンバー:「今の調子で活動を続けていけばそのための資金を準備できます。」


 結局、最後まで、言葉のやり取りの中に「JOCA」は入ってきませんでした。伝達農家としてのゾンベ村長の活動がきっかけで立ち上がったチャポンゴレラグループ。ゾンベ村長が行う研修では、トマトやキャベツの栽培の仕方、小規模灌漑の導入の仕方、それら技術的なことだけではなく、ゾンベ村長がJOCA の研修で知ったJOCA のコンセプト、そして自分たちで生活を変えていけるんだという意識的なところまでしっかりと盛り込まれているようです。そして今度は、このグループの伝達農家としてジョナジ・ルング(まだ若い)が育ち、グループを引っ張り、さらに周辺の新たな地域に振動を与え始めているようです。
 ゾンベ村長の研修をきっかけに動き出したグループ。それによって起こりはじめた小さな変化からグループメンバー自身による将来のプランが描かれ、そのプランに向けて少しずつ前進しています。 (文責:小嶋英嗣)

 

マラウィからの便り トップ

ページの先頭に戻る