12月 あなたのビジョンは何ですか?

「あなたのビジョンは何ですか?」

 


 

 対象農民へのヒアリングやグループメンバーとのディスカッションの最後に、決まって尋ねた質問が「あなたのビジョンを聞かせてください」でした。一番多く聞かれた答えは物質的なものでしたが、その人の立場によっては性格の違う回答もありました。
 以下に主な回答をご紹介します。

<グループメンバーの回答>
・トタン屋根にすること(対象地域のほとんどの家の屋根は草葺き。経済的に余裕のある家はトタン屋根を葺いており、トタン屋根かどうかがその家のステータスになっているようです。ビジョンは?との問いに一番多い回答がこれでした。)
・乳牛を飼うこと(収入が大きい)
・グループで製粉機を持つこと
・食料が十分に確保でき、余剰分を販売でき、その売り上げで必要なものを買えること
・自転車を持つこと(バナナを運べるから)
・立派な家を建て、いずれは車を所有すること
・子どもたちが進学できるようになること

<村長の回答>
・村にきれいな水を引くこと(深井戸の設置)
・村に電気が引かれること
・子どもたちが良い教育を受けられるようになること
・全ての村民が、食料の充分な確保と収入の向上を図れること

<伝達農家の回答>
・自身の生活レベルと技術レベルが上がること
・研修を受講した農民が、十分な食糧の確保と収入の向上を図れること・テレビ、ソーラーパネル、バイク、耕運機などを手に入れること
・もっと技術の向上を図り、専門家になること(伝達農家のような活動を収入につなげていきたい)
・自給的農家から、商業的な農家になること
・自ら考えて行動に移していく人が増えること
・自分が地域の人々によって語り継がれること(“Legend”になりたい)

(文責:小嶋英嗣)

 

 

 

マラウィからの便り トップ

ページの先頭に戻る