" />

認定・特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金

認定・特定非営利活動法人ミタイ・ミタクニャイ子ども基金の西岡歩実さんの研修を紹介します。


 

-みんなに優しい世界をつくる-

インターン 西岡 歩実 さん

《プロフィール》

大学4年生で国際協力に興味を持つ。学部生・大学院生の時に計1年間フィリピンのNGOでインターンを行う。滞在中にスラムにて人類学的調査を行い、修士論文を執筆。卒業後、ミタイ・ミタクニャイ子ども基金へ入職。

ミタイ・ミタクニャイ子ども基金

ホームページURL 


https://mitai-mitakunai.com/


活動の様子


スラム居住の女性を対象とした所得創出事業の様子


フェアトレード事業で取扱うニャンドゥティ製作の様子

Q & A 西岡 歩実 さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

ミタイ・ミタクニャイ子ども基金は、南米パラグアイをはじめとする発展途上国や日本国内における社会課題の解決に向けて、1995年より活動を行っています。パラグアイでは、農村部における学校建設支援や栄養改善、生活改善、スラムにおける生活改善やシングルマザーの所得創出支援などの支援活動を行っています。国内では、生理の貧困の問題に取り組むプロジェクトや子どもたちの居場所づくりのプロジェクトを進めています。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

私は以前から、現地の人々に寄り添った活動がしたいと考えていました。ミタイ・ミタクニャイ子ども基金は、常に支援対象の人々の視点に立ち、彼(女)らに寄り添いながら活動をしていたことから、就職を決めました。

Q どのような業務(活動)を行なっていますか?

海外・国内プロジェクトの計画や運営の補助、団体の広報、資金調達の補助を行っています。海外プロジェクトの立案・運営補助では、パラグアイの現地カウンターパートとオンラインで会議をしながらプロジェクトを進めています。広報業務としては、団体のHP用の活動報告記事を作成しています。また、資金調達業務として助成金の申請にも携わっています。

Q スキルアップのためにしていること

パラグアイではスペイン語が公用語の一つであるため、スペイン語を勉強中です。また、パラグアイやその他業務に関わる書籍・論文を読むことで知識を得ています。

Q 海外研修での具体的な活動について

パラグアイのスラムと農村部にて実施している生活改善プロジェクトのモニタリングならびにスラム居住の女性を対象とした所得創出プロジェクトのフェーズ2にむけた現地調査などを行う予定です。

Q 今後のビジョンは?

プロジェクトの企画・運営能力をアップしていきたいです。また、多くの人に基金の活動を知ってもらうため、コンプライアンスに基づいた上での効果的な広報を行っていくための情報発信力もつけたいと思います。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

国際協力には多様な関わり方があります。NGO・NPOや国際協力機関が実施するイベントに参加したり、インターネットで国際協力をしている人の体験談を読んだりすることでぜひ自分に合った関わり方を探してみてください。
 

団体アピール

ミタイ・ミタクニャイ子ども基金は、活動を始めて今年で26年目になります。これからも支援対象者一人ひとりに寄り添った活動を続け、みんなに優しい世界を実現していきますので、皆さま応援いただけますと幸いです。

ページの先頭に戻る