" />

認定NPO法人フリー・ザ・チルドレン・ジャパン【2年目】

サンプル写真
  

-「世界は変えられる」子どもがそう信じられる社会に-

インターン 広瀬 太智 さん

《プロフィール》
大学2年生で国際協力に興味を持ち、卒業後は青年海外協力隊へ。グアテマラの公立小学校で2年間活動を行う。帰国後、小学校教員になる。より多くの子ども達と社会問題について考えたいと思い、当団体に入職。

 

ロゴ

https://ftcj.org/

活動の様子

 

      スタッフ集合写真

 

 高校での出前講座授業

Q & A 広瀬 太智 さん に聞いてみました

Q 団体の活動について

国内外の貧困や差別から子どもを解放する”“「子どもには世界を変えられない」という考えから子どもを解放する”という2つのFree(解放)をミッションに掲げて国内外で事業と展開しています。支援事業として、主にフィリピン・インド・ケニアでの農村自立支援や緊急支援事業を実施。国内事業として、学校への出前授業やキャンプ、スタディーツアーを通して、自らアクションを起こしていく人材育成をしています。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

教員から国際協力×教育分野への転職を考えていた時に偶然当団体職員と出会い、団体の「世界は変えられる」子どもがそう信じられる社会にという理念に共感。運良く求人が出ていたため即応募しました。

Qどのような業務(活動)を行なっていますか?

主に国内の子ども支援事業に関わっています。具体的には、学校での出前授業のファシリテーター、子どもが社会問題を学びアクションに繋げるためのテイク・アクション・キャンプやオンラインイベントの企画・運営、教材開発などを行っています。2年目からは、大学生向けのファシリテーター研修とフードドライブイベントの責任者、子どもの権利に関する院内集会に参加する子どものサポートなどにも携わっています。

 Q1年目を終えて感じたこと?

新しい仕事を覚えることは大変でしたが、自分の知識や技能がどんどん広がっていくのを実感できました。また、関わる事業が増えたことで団体の全体像を掴むことができ、自身の業務管理と職員との連携が上達しました。

Q スキルアップのためにしていること
 

子ども達に社会問題の現状を伝える立場として、社会問題に関する記事や映画から積極的に情報収集しています。また、フェアトレード商品の購入や情報発信など、自分にできることを行動に起こすようにしています。

Q海外研修について

昨年は実施することができず、今年もまだ検討中です。スタディツアー訪問先であるフィリピンやインドの感染状況が治まっていないため、その他の支援先があるアフリカや南米への視察を視野に入れて計画をしています。

Q 今後のビジョンは?

新規プロジェクトの担当者になっているので、実施までの準備と今後継続していくための改善に力を入れていきたいです。また、業務内容を明確にし、分担や引き継ぎがいつでもできるよう心がけていきます。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

NGOの仕事は自分の裁量も大きく、様々な業務に関わることができ自己効力感がとても高いです。国際協力分野にも国内でできることは多くあるので、自分の関わり方を広く捉えワクワクするキャリアを選んでみてください!

団体アピール

FTCJの活動は今年で22年目を迎えました。今後も子どもたちの可能性を引き出し、彼らと共に社会問題に取り組んでいきます。コロナ禍でも行える活動を模索し、日々挑戦中…引き続き温かいご支援をよろしくお願いします。

ページの先頭に戻る