" />

特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパン

特定非営利活動法人チャイルド・ファンド・ジャパンの井上史菜さんの研修を紹介します。


 

-すべての子どもに開かれた未来を-

インターン 井上 史菜 さん

《プロフィール》
大学にてアジアの文化・言語を学び、タイへ留学。山岳民族の子どもたちと出会うことで国際協力という分野に強い関心を持つ。大学卒業後、一般企業に勤めたのち、チャイルド・ファンド・ジャパンに入職。

チャイルド・ファンド・ジャパン

ホームページURL

https://www.childfund.or.jp/

活動の様子


ネパール災害に強い学校づくり


子どもの権利オンライン研修の様子

Q & A 井上 史菜 さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

フィリピン、ネパール、スリランカを中心に、支援活動を行っています。地域開発支援事業では、子どもの健全な成長と地域の自立を目指した包括的な支援を行う「スポンサーシップ・プログラム」と、貧困に起因する様々な問題の中で、特定の開発課題に応える「支援プロジェクト」を実施しています。また、緊急・復興支援事業や広報・啓発・提言事業にも取り組んでいます。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

「なぜ一人ひとりに平等な生活が与えられることが“当たり前”ではない世界なのだろう?」という思いが拭い切れず、国際協力の世界に一歩踏み出しました。団体のスローガン、ビジョンに強く共感し、応募しました。

Q どのような業務(活動)を行なっていますか?

ファンドレイジングを担当し、寄付を検討している方のお問い合わせや資料請求についての対応、法人との連携推進、及び物品寄付の管理を行っています。加えて広報業務もサポートしています。また、子どもの権利を守るために支援地域の現地事務所が実施する施策やコロナ禍における教育現場での対応などについて学ぶオンライン研修・勉強会へ積極的に参加しています。

Q スキルアップのためにしていること

国際情勢や社会問題を取り扱う記事・番組は積極的に見て把握するようにしています。他団体の記事等も確認し、国際協力に馴染みのない方々へどのように支援国の状況を分かりやすく伝えているのかを学んでいます。

Q 海外研修について

フィリピン・ルソン島の事業地訪問を通じて開発課題についての知識と理解の習得を図ります。また、支援地域の人々へのヒアリングをもとに受益者の具体的な事例をまとめ、開発課題や事業成果を発信する予定です。

Q 今後のビジョンは?

常に人に寄り添う姿勢を忘れずに、まずは担当業務を確実に遂行していきたいです。そして、アジアの子どもたちの健やかな成長に寄り添いたいと考えています。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ 

自分の信念・想いは常に大切に持ち続け、自分らしいキャリアをぜひ築いてください。人生は一度きりです。

 団体アピール

支援を通じてつながるすべての人々が、様々な違いを超えて、お互いが人生に意味を見出し、「生きていてよかった」と思える国際協力を実践することを通して、子どもの権利を最優先に位置づけた活動を展開します。

ページの先頭に戻る