" />

特定非営利活動法人アクセプト・インターナショナル

特定非営利活動法人アクセプト・インターナショナルの高橋みづきさんの研修を紹介します。


 

-誰一人取り残さない、たとえ加害者とされる人であっても。-

インターン 高橋 みづき さん

《プロフィール》
学生時代に前身団体の学生NGO日本ソマリア青年機構にて活動。大学卒業後、民間企業・海外大学院を経て直接的にテロや紛争の解決に貢献したい思いを強くし、2021年6月よりNPO法人アクセプト・インターナショナルに参画。

 

アクセプト・インターナショナル

ホームページURL 

 

https://accept-int.org/

活動の様子


元テロリストと社会の和解セッション(インドネシア)


ナイロビの3大ギャング組織の一つの解散式(ケニア)

Q & A 高橋 みづき さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

テロや紛争のない世界を目指し、ニーズは高いものの見過ごされているこれらの問題の解決に向けて活動しています。具体的には、過激化リスクが高い地域・対象に対する過激化防止事業と、テロリストやギャングなどが武器を置き社会に戻ることを支援する脱過激化・社会復帰事業に、ソマリア・インドネシア・ケニア・イエメンなどで取り組んでいます。現場ベースで作り上げたこれらの事業は国連をはじめ国内外で高い評価を得ています。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

高校時代から武力紛争解決に関心を持ち、大学時代に前身団体で活動していました。当時の活動や就業・大学院就学を経て、テロ・紛争の解決や加害者とされる人々に向き合う重要性を改めて感じ当団体に参画しました。

Q どのような業務(活動)を行なっていますか?

ケニアにおけるソマリア人非行少年の脱過激化・社会復帰事業のプロジェクトマネジメントサポート業務に携わっています。彼らを犯罪者やテロリスト予備軍としてではなく「未来の社会を形作っていく若者」として受け入れサポートする本事業にて、プロジェクト管理、対象者のカウンセリング、内容の改善を行っています。その他にも、元テロリストの方々と日本社会の対話を促すオンラインスタディツアーの企画実施をリードしています。

Q スキルアップのためにしていること

プロジェクトマネジメント業務の円滑な実施のために管理・評価手法を勉強しています。またソマリアやインドネシアなど他事業についても担当者や現地スタッフにお話を伺い、海外事業運営について理解を深めています。

Q 海外研修について

ケニアのナイロビにてソマリア人非行少年の脱過激化・社会復帰事業の実施補佐を行います。ケニア渡航が不可能な場合はタンザニアのアルーシャで現地カウンターパートと会議、日本からオンライン実施等も検討します。

Q 今後のビジョンは?

海外事業の管理運営を包括的に担うことができるようになること。また、海外事業の知見を活かしたイベント実施などを通じ寄付者様や日本社会との関係構築にも取り組み、幅広く団体運営を牽引できる人材を目指します。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

国際協力には多様な形があるからこそ、何が課題なのか・その課題の根本的な解決にはどういったアプローチが必要なのか・自分がすべきことやできることは何なのか、を考え行動することが大変重要だと思います。

団体アピール

テロや紛争解決という分野は、問題の深刻さにも関わらず様々な制約を受けるため取り組みの少ない問題です。だからこそ、私たちはニーズに対して真摯に向き合い、前例を創る覚悟を持って活動しています。

ページの先頭に戻る