(公社)日本国際民間協力会(NICCO)

サンプル写真
 

-駆けつける。そばにいる。-

インターン 北垣 健太 さん

《プロフィール》
大学にて国際協力に関する理論や地域政策などを学んだ後、青年海外協力隊に参加しスリランカ国にて農村開発に従事。帰国後、本会での学生インターンを経て今年4月より現職。

 

団大ロゴhttps://kyoto-nicco.org//

活動の様子

活動1
滋賀県東近江市での田植えイベントの参加者(右端が北垣さん)

活動2
京都宝ヶ池でのチャリティマラソンに参加したランナーの皆さん

Q & A 北垣 健太さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

NICCOは、緊急災害支援、環境に配慮した自立支援を中心に、39年に渡って途上国の人々の自立支援を行う京都発の国際協力NGOです。現在ヨルダン、パレスチナ、ケニア、フィリピン、インドの各国で活動しています。国内でも、東日本大震災や西日本豪雨の被災者支援や滋賀県東近江市での環境保全と地域活性化事業及び国際社会でリーダーシップを取れる人材育成を目指したインターン制度などを実施しています。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

青年海外協力隊から帰国後、国際協力を行う団体での活動継続を模索していた際、京都を中心にアジアや中東、アフリカ各地の国や地域で、人道支援から開発協力まで幅広く活動する当会に出会いました。

Q どのようなインターン業務(活動)を行なっていますか?

チャリティオークションやマラソンイベントなどのファンドレイジングイベントの企画運営や滋賀県東近江市での環境保全事業の本部事業担当、シリア難民支援や琵琶湖生物多様性事業の会計業務補助業務、フィリピンやインドなどでの海外新規事業案件の申請書作成、各事業の関係各所との連絡調整業務などに携わっています。

Q スキルアップのためにしていること

当会内外で実施されるNGOスタッフ向けの各種研修やイベントへの参加、現在携わっている事業に関連する書籍や報告書、報道等に目を通し情報収集を行い、NGOスタッフとしての基本的スキルと知識の向上に努めています。

Q 海外研修について

フィリピンでの新規事業形成のためのニーズ調査や現地提携団体との連絡調整、インド農村開発事業での会計業務や事業進捗管理を行うことを目的に、海外研修の実施を予定しています。

Q 今後のビジョンは?

このインターン活動中の国内外の現場での実務経験を通して、NGO職員に求められる基礎的な資質や能力を身に着け、これからも国際協力人材として活躍できることを目指しています。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

国際協力分野で働きたいけどどんな活動をしているの?NGO職員は食べていけるのかな?そう疑問に思っている方は、ぜひ一度「NGO相談員」に質問してください!また、実際にNGOでインターンをしてみることをお勧めします。

団体アピール

京都に本部を置く数少ないNGO団体として、スタッフ・インターン一同「京の町屋から世界に笑顔を」という言葉を胸に日々頑張っています。一緒に活動してくださる学生インターンも随時募集中です!
 

ページの先頭に戻る