特例認定NPO法人e-Education

サンプル写真
 

-世界の果てまで最高の授業を届ける。-

インターン 坂井 健 さん

《プロフィール》
立教大学経済学部出身。在学中に大学を休学し、e-Educationでインドネシアプロジェクトの立ち上げを行う。卒業後、3年間日本の大手教育系企業に勤務したのち、2018年4月よりNPO法人e-Educationで勤務。

 

http://eedu.jp/

活動の様子

活動1
カガヤンデオロ市教育長にプレゼン

活動2
教育局にある弊団体オフィス

Q & A 坂井 健さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

「最高の授業を世界の果てまで届ける」をミッションに掲げ、途上国の子どもたちへ映像授業を届けています。途上国の農村部では、学校がない、先生が足りない、良質な授業を受けられない、といった課題があります。映像授業を用いて、地理的、経済的な課題を乗り越えて良質な教育を届け、「開発途上国における学習機会に恵まれない人々が、夢や想いを実現し、自分に誇りを持って生きていけるようになる世界」を作ります。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

大学時代に訪れたカンボジアで5カ国語も話すのに1日3ドルしか稼げない人と出会ったことです。生まれてきた場所が違うという理由で境遇が違うことに驚き、少しでも世界のために貢献したいと思うようになりました。

Q どのようなインターン業務(活動)を行なっていますか?

フィリピンではオープンハイスクールプログラム(以下、OHSP)の教育支援を現地教育省と協働しながら行っています。OHSPとは、フィリピン独自の教育システムで、仕事や早期出産により通常の学校に通学出来ない子どもたちが、土日のどちらかに週一回通学するシステムです。現地で勉強を教える先生は完全にボランティアなので、先生が不足しています。先生不足を解消するために、映像授業を作成し現地に届けています。

Q スキルアップのためにしていること

スキルアップのために現在行っていることは特にありません。ただ、今までと頭の働かせ方が全く違うので、常に新しいことを学んでいる気持ちで日々の業務が全てスキルアップにつながっている実感があります。

Q 海外研修について

活動地であるフィリピンに現在の担当である吉川とともに実際に赴き、現地の活動を見学して参ります。具体的には現地教育省に訪問したり、K-12に対する提言のサポートをしてまいります。

Q 今後のビジョンは?

フィリピンのことはフィリピン人でないと変えられません。現地の人たちが自分自身で現地を変えていくムーブメントを起こすための火種になりたいです。微力ではありますが、無力ではないと信じて活動していきます。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

国際協力の分野では明日急に現状が良くなることはありません。小さな変化が積み重なって大きなうねりとなります。派手な業界ではないですが、世の中を良くしていると心から思える、やりがいのある業界だと思います。

団体アピール

「国の1年の計は経済にあり。国の100年の計は教育にあり。」私たちの活動は国の100年後を創る仕事です。挑戦の機会は平等にあるべきです。「世界の果てまで最高の授業を届ける」。応援よろしくお願いします!
 

ページの先頭に戻る