認定NPO法人 地球市民ACTかながわ/TPAK

サンプル写真
 

「アジアの子ども達の明るい未来のために」「半径3メートルからの国際協力(まずは身近な人に思いやりを)」

インターン 高橋 香奈さん

《プロフィール》
幼少期の海外生活の影響もあり、大学時代にボランティアとして当会の活動に参加。そこで国内外の人々が生き生きとする国際協力のパワーを実感。企業経験10年を経て教育支援の道に進むことを決心し、現在に至る。

 

rogo

https://www.tpak.org/

 

活動の様子

活動1
昼食の時間も国際協力について考える大切な時間

活動2
NGOでインターンしたい大学生に活動紹介と経験談シェア

Q & A 高橋 香奈さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

一人でも多くのアジアの子どもが教育を受けることで、明るい未来を自ら切り開く力を得ることを願い、1993年に設立されました。現地パートナーと協力し、タイとミャンマーの少数民族の子ども達、そしてインドのアウトカーストの女性の自立支援に教育と人材育成を軸に取り組んでいます。同時に私たちは現地の人々から「共に支えあう思いやりの心」を学んでいます。当会が目指すのは双方向の国際協力による地球市民社会の実現です。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

大学生の時は、ボランティアセンターに紹介されたことがきっかけでした。今回もう一度当会で活動したいと思ったのは、24年以上もの教育支援実績があり、共に学びあい成長しあうことを大切にする団体だからです。

Q どのようなインターン業務(活動)を行なっていますか?

プロジェクトマネジメント、ファンドレイジング、ボランティアマネジメントを中心に、国際協力NGOの業務全般を補佐しています。具体的には、新規プロジェクト立上げのための助成金申請の補佐と契約書の翻訳、活動紹介とファンドレイジングのためのイベント出展準備と運営、ニュースレター編集や英文パンフレットの作成などの広報業務、ボランティアさんの活動のサポートなど、NGOのあらゆる業務に携わっています。

Q スキルアップのためにしていること

民間企業で必要だったスキルと異なる点もありますので、国際協力の現場で得られる学びを逃さないよう、常に新しいことを得る姿勢で仕事をするよう、心掛けています。外部研修にも積極的に参加しています。

Q 海外研修での具体的な活動について

ミャンマーでは少数民族の教育支援事業、インドではジェンダー暴力抑止プログラムの現場に行きます。事業の実施状況や成果を確かめ、現地のパートナーNGOや諸団体との話合いを通じて日本のNGOが担う役割を学びます。

Q 今後のビジョンは?

今は補佐で手一杯ですが、知識やスキルを増やし経験を蓄積することで一人前のプロジェクトマネジャーを目指します。NGOの起業を視野に入れているので、長期的には団体運営の中核を担える人へと成長したいです。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

国際協力に興味がある方は、課題を感知できる抜群のアンテナをお持ちなのだと思っています。課題は課題に立ち向かえる人にだけ感知されるものなのだとも思っています。現場は新しい仲間の登場を待ち望んでいます!

団体アピール

10代から90代までのボランティアさんが活躍中!一人一人が個性や能力を活かした国際協力活動を行っています。課題解決への貢献、新しい仲間との出会い、自分の成長などの機会になる、それが当会の国際協力です。
 

ページの先頭に戻る