特定非営利活動法人 チャイルド・ファンド・ジャパン

サンプル写真
 

「すべての子どもに開かれた未来を。」

インターン 金丸友香 さん

《プロフィール》
大学在学中に国際協力に興味を持つ。卒業後、一般企業で働きながらNGOでボランティア活動を行う。NPO団体に転職し数年勤務した後、英国の大学院で国際子ども学を学ぶ。帰国後の2017年2月に入職。

logo

https://www.childfund.or.jp/

活動の様子

写真
タグラグビーのプロジェクトの様子をビデオ撮影

写真
フィリピンの支援地域にある協力センターで、子ども組織のメンバーたちと

Q & A 金丸友香 さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

1975年より、アジアを中心に貧困の中で暮らす子どもの健やかな成長、家族と地域の自立を目指した活動をしています。活動をとおして人と人とが出会い、お互いに理解を深め、つながることを大切にしています。 フィリピン、ネパール、スリランカの3ヵ国で活動しており、地域開発支援、緊急・復興支援、広報・啓発・提言などの事業を行っています。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

大学院で子どもの権利や保護について学び、包括的な支援活動に興味を持ちました。団体の行っている支援が、思い描くものにとても近かったことや大学院で学んだことが活かせると感じ、志望しました。

Q どのようなインターン業務(活動)を行なっていますか?

主に、広報、ファンドレイジングに関する業務に携わっています。具体的には、ウェブサイトの更新やメールマガジンの配信、機関紙の制作、企業との協働についての提案などをおこなっています。

Q スキルアップのためにしていること

自分の業務や団体の事業に関係のある研修に積極的に参加しています。また、文章を書く機会が多いので、相手に伝わるような表現を常に意識し、言葉の正しい意味や使い方なども調べるようにしています。

Q 海外研修について

フィリピンで昨年12月に始まった、子どもや若者がタグラグビーを通してライフスキルを身につける「パス・イット・バック」プロジェクトを8月に視察し、メディア関係者の対応もおこないました。

Q 今後のビジョンは?

広報、ファンドレイジング活動を通して、より多くの方に団体の活動を知っていただき、共感を得てご協力いただく方が増えるよう、団体の一員として活動に貢献していきたいと考えています。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

NGOの業務は様々なので、意外な経験が役に立つこともあるかもしれません。色々なことに興味を持って挑戦してみるといいと思います。

団体アピール

国際協力活動を始めて42年。今までに31,000人以上の子どもたちが支援により自らの未来を切り開いてきました。「すべての子どもに開かれた未来」の実現を目指して今後も活動してまいります。

ページの先頭に戻る