インターン向け研修会を開催(2016年11月)

国際協力分野に関心を持つ若手人材10名が、国際協力事業を実施している各種団体において、活動を通じて育成されていますが、日々の業務に懸命に取り組むがゆえに、国際協力の潮流やトレンド、そして自身のキャリア形成についてインターン自らが考える時間を、なかなか持てていないのが現実です。

そこで本プログラム運営事務局を受託している当協会は、昨年度に引き続きインターン向けに「国際協力分野におけるキャリア形成研修会・意見交換会」を2016年11月29日に開催。これまでの活動を振り返るとともに、残りのインターン期間でどのような意識を持って活動に取り組むかを考える機会を持ちました。


 熱心に講義を聴く参加インターン


 インターン同士で意見交換をしている様子

当日は、本プログラムの主催者でもある外務省国際協力局 民間援助連携室の担当官にも出席いただく中で、草の根技術協力事業及びNGO等活動支援事業等に係る制度設計に携わっているJICA職員から、JICAから見た日本の国際協力NGOについての講義、本プログラムで育成されたインターン経験者による自身のキャリアに関する講義や、インターン同士での意見交換会を行ないました。

参加したインターンからは「自身の今後のビジョン(キャリア)について考える、いい機会となった」「他団体の話を聞くのは新鮮で、物事の捉え方の幅が広がった」といった声をいただきました。

昨年度に引き続きこのような研修会を開催しましたが、インターンの方たちが今一度、新たな気持ちで業務に取り組むことができる、貴重な機会になったのではないでしょうか。

これからも本プログラムの運営事務局として、「参加したインターンが日本の国際協力を将来担う人材に育成される」という本プログラムの目標に、少しでも寄与できるようスタッフ一同全力で支援していきたいと思います。

 

ページの先頭に戻る