認定特定非営利活動法人 リボーン・京都

サンプル写真

「途上国の女性の自立を支えて」

インターン 高道由子 さん

《プロフィール》
大学時代に国際ボランティアワークキャンプに参加したことをきっかけに、開発援助と現地の人々の関わり方について関心をもつ。一般企業に就職した後、2016年4月からリボーン・京都でインターンを開始。

 

http://www.reborn-kyoto.org/

活動の様子

活動1
ミニファッションショーの舞台裏

活動2
現地アシスタントによるミシンの指導

Q & A 高道由子さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

日本全国から寄贈された着物を使って、着物リメイク商品を製作・販売し、その売上金をもとに、途上国において洋裁訓練を行っています。寄贈された着物はまず、京都在住のボランティアによってほどき、洗い、一枚布にして途上国における洋裁訓練で教材として活用されます。完成された作品は日本事務局に送られその出来上がりの評価を受け、現地へフィードバックされます。訓練生には仕立て代が払われ、作品は日本や海外のチャリティーバザーで販売されます。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

インターネットで、「洋裁 開発」と調べていたところ、ヒットしました。全国から使われなくなった着物を集め活用している点が、すごく面白いと思いインターンに応募しました。

Q どのようなインターン業務(活動)を行なっていますか?

リボーン・京都は、着物を使った商品を販売することで、活動資金を集めています。その商品や活動内容の広報を主に担当しています。また、現地における洋裁事業の事業地選定や事業企画にも、関わっています。

Q スキルアップのためにしていること

事業に関連した文献を読んだり、事業地の最新のニュースに目を通すように心がけています。今はまだ取組めていませんが、NGOネットワークを広げるように、研修やイベントにも積極的に参加したいです。

Q 海外研修について

6月にルワンダ事業の修了式兼ミニファッションショーの運営補佐のため、ルワンダに行きました。訓練生の家庭訪問にも同行し、どのような生活環境下で訓練に通っているのか、短時間でしたが見ることができました。

Q 今後のビジョンは?

ルワンダの事業が8月で終了したので、次の事業計画立案に積極的に携わりたいと考えています。また、着物の魅力をリボーン・京都の名前とともに広められるように、もっと発信していきたいです。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

「本当に現地の人の役に立っているのだろうか」と日々批判的に活動を振り返ることと、目の前のひとりひとりと一対一の丁寧な関係を築くことが大切だと考えています。

団体アピール

途上国の女性の自立を支援するとともに、日本文化の中心地京都から、着物の良さを発信しています!

ページの先頭に戻る