(特活)関西NGO協議会【2年目】

サンプル写真
 

「地域から国際協力を推進するネットワークNGOです」

インターン 谷川詩織さん

《プロフィール》
学生時代はNPOでのインターン活動や国際協力等の啓発活動に関わる。2014年度に関西NGO協議会にて週2日のインターンを開始。2015年度より、広報および高校生のための国際交流・国際協力EXPO事業副担当として勤務。

rogo

http://kansaingo.net/

活動の様子

katsudo1
海外研修で訪れた南インド都市スラム地域でのフィールドワークの様子

活動2
高校生実行委員会で事業説明をおこなう

Q & A 谷川詩織さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

関西NGO協議会は、関西地域に拠点を置き国際協力活動を行うNGO間の連携を促進し、各団体の活動がより充実・発展することを目的とした地域型ネットワークNGOです。ネットワーク活動、政策提言活動、啓発活動、人材育成を柱とし、国内外のスタッフを対象とした研修や啓発事業の企画実施、国際協力に関する相談業務、他セクターとの連携、インターン受け入れなど、関西地域のNGOのエンパワーメントのためのネットワーク強化を行なっています。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

大学卒業後、日本国内での国際協力に対する意識の底上げに関わる活動ができないかと考えていた際に、関西NGO協議会を知りました。地域から国際協力を推進する活動に、魅力とやりがいを感じインターンに応募しました。

Q どのようなインターン業務(活動)を行なっていますか?

「ワン・ワールド・フェスティバル for Youth 高校生のための国際交流・協力 EXPO」では、高校生とNGOとの企画のコーディネーション、広報、ボランティアコーディネーション、予算の調整、後援名義の申請、議事録の作成等、運営全般に関わっています。また、Webの更新やメーリングリストでの当会や加盟団体の情報発信、インターンとして活動した経験を活かし学生インターンの指導など、広報・啓発活動や次世代の育成活動に関わっています。

Q 1年目を終えて感じたこと

1年目は業務を通じてネットワークNGOの活動や事業運営の流れを学びましたが、目の前の仕事に集中しすぎていたと感じています。今後職員として独り立ちするために、2年目は全体をみて業務ができるよう努力します。

Q スキルアップのためにしていること

担当業務関連の研修には積極的に参加しています。また、スタッフミーティングでの進捗報告の機会に、自分が見えていない視点や課題等について他職員から指導を受け、全体を見て事業を進められるよう訓練しています。

Q 海外研修での具体的な活動について

当会は海外に活動現場を持たないので、海外研修は実際に自分の目で現場を知る貴重な機会です。加盟団体のプロジェクト地である南インドを訪問し、NGOの海外での活動や現場の様子を視察します。

Q 今後のビジョンは?

ネットワークNGOの広報・啓発担当職員として、担当事業を通じて若い世代を巻き込み国際協力の裾野を広げていくとともに、地域の同世代のNGOスタッフとのネットワークを構築していく人材になりたいと考えています。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

まずは行動してみてください。国際協力分野には様々な団体があり、様々な参加方法があります。強い思いを持ち、団体と接点をもつことで道が見えてくるように思います。まず、思い切って行動してほしいです。

団体アピール

関西を中心に日本中の国際協力関係の情報が集まり、様々なセクターと共に活動する環境は刺激的で、とても勉強になります。今後もネットワーク活動を通じて、地域から国際協力へ関わる人々の輪を広げていきたいです。

ページの先頭に戻る