(認定NPO法人)ハート・オブ・ゴールド【2年目】

写真
 

Challenge Life !
「できる人が」「できる事を」「できるだけ続けよう」

インターン 米山遥香 さん

《プロフィール》
小学生の時にカンボジアのための募金活動に参加したことにより国際協力に興味をもつ。大学時代は健康スポーツについて学びながらカンボジアを支援する学生団体に所属。卒業後、ハート・オブ・ゴールド東南アジア事務所(カンボジア)にてインターンとして活動中。

http://www.hofg.org/

活動の様子

活動1
地方小学校のモニタリング・評価に同行。
校長、州教育局、教育省とのミーティング

活動2
子どもたちへのエアロビ教室

Q & A 米山遥香さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

オリンピックメダリストの有森裕子が、1996年にカンボジアで行なわれた第一回アンコールワット国際ハーフマラソンに招待選手として参加したことがきっかけとなり、1998年に当団体が設立されました。現在は、小学校・中学校の体育科教育支援事業、障がい者スポーツ支援、シェムリアップ州にて自立支援活動として養護施設運営と日本語教育の大きく4つの事業を行っています。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

健康スポーツを学びながらカンボジアを支援する学生団体に所属していた学生時代に、将来はこれらを組み合わせた「スポーツを通じた国際協力」の分野で活動したいと考えていたところ、当会に出合いました。

Q どのようなインターン業務(活動)を行なっていますか?

主に小学校体育科教育支援事業を担当し、カンボジア教育省学校体育スポーツ局担当官(以下、教育省担当官)、ハート・オブ・ゴールドスタッフとともに地方小学校へのワークショップやモニタリング・評価へ同行し、レポートの作成や教育省担当官へ向けたワークショップの企画運営などを手伝います。中学校体育科教育支援事業ではプノンペン都にて行われるワークショップの準備を行い、重要な会計業務や総務のサポートをし、事業全般の実施に関係しています。新しいカンボジア人スタッフの育成にも携わっています。

Q 1年目を終えて感じたこと

現場を見る機会が多く、体育だけでなくカンボジアの教育問題がたくさん見えました。今後はプロジェクトを一緒に進めているカンボジア教育省のメンバーが問題を解決し、普及していけるような体制を構築することが大切であると感じました。

Q スキルアップのためにしていること

現地の方と直接コミュニケーションが取れるようになるためにクメール語(カンボジア語)の習得に努めています。また、定期的に行われる分科会などに参加し、国際協力に関する知識を増やすことで活動に活かせるよう努めています。

Q 今後のビジョン

プログラムを通して学んだことを活かし、プロジェクトの企画立案からマネジメントまでできるような人材となり、団体の活動に貢献していきたいと考えています。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

国際協力分野や海外で働くということが難しいと感じるかもしれませんが、私は実務経験がないですがプログラムを通じ2年のインターン経験を経て3年目には職員として働くことができる機会をいただきました。いつどこにチャンスが転がっているかわかりません。まずは行動してみることが大切だと思います。

団体アピール

ハート・オブ・ゴールドはアンコールワット国際ハーフマラソン大会の支援から始まり、現在は体育科教育支援事業を中心に活動しています。毎年12月には代表の有森裕子と行く「マラソン&スタディーツアー」も行われますので、まずは参加して実際に体験して下さい。

ページの先頭に戻る