(特活)開発教育協会(DEAR)

本人顔写真

知り・考え・行動する“地球市民”を育むNGO

http://www.dear.or.jp

インターン 星久美子さん

《プロフィール》
東海大学教養学部国際学科卒業。在学中、ブラジル・セアラ州の漁村で半年間のボランティア活動を行う。卒業後、青年海外協力隊として中米ベリーズで環境教育を教える。帰国し、2014年1月よりDEARインターン、4月よりDEAR事業担当スタッフとして従事。

ロゴ

活動の様子

活動写真
ワークショップ『写真で学ぼう!地球の食卓』の様子

活動写真
雰囲気づくりのためにアイスブレイクを実施

Q & A 星久美子さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

「日本に生まれてよかった」「私には関係ない」そんな風に思っていませんか。南北格差・環境・紛争・貧困など、地球上で起こっている諸問題はわたしたちの生活と無関係ではありません。開発教育とは「知り・考え・行動する」という視点でその解決に取り組んでいくための市民による教育活動です。

当団体は1982年に発足し、開発教育と呼ばれる国際理解・国際協力をテーマとした教材の発行や、講師派遣、参加型学習の普及推進を行なっています。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

ブラジル、ベリーズでのボランティアと日本に住む外国籍の子どもたちへの教育支援を通して、様々な教育があることを知りました。DEARのワークショップを体験し、この感動を広めていきたいと思い始めたのがきっかけです。

Q どのようなインターン業務(活動)をしていますか。

全国から開発教育に関する講師派遣の依頼をいただくため、小中高大学に行ってDEARの教材を使ったワークショップの実施や、政府・企業・市民団体等のセミナーの講師も務めます。私は、ファシリテーターの技術を学んでいるところなのでアシスタントとして同行することが多いのですが、最近はメインファシリテーターとして一人で講師派遣に出向くこともでてきました。また主催事業である「全国研究集会」の事業担当として、企画・運営を担っています。

Q スキルアップのためにしていること

ファシリテーターの動きをよく観察するようにしています。特にアイスブレイキングの手法や参加者の発言に対する応答、そしてアクティビティへどのようにつないでいくかをしっかりと注視しています。また、ワークショップ等が終わった後に、参加者の気づきを分析して、次にいかしていけるよう振り返りの時間を大切にしています。

Q 海外研修について

アジア南太平洋成人教育協議会(ASPBAE)が主催する設立50周年イベント、Festival of Learning(開催地:ジョグジャカルタ)に参加し、アジア太平洋地域30カ国の人々が取り組んでいる教育活動を知り、DEARの日本での活動を紹介する予定です。

Q 今後のビジョンは?

これまで私自身が体験してきたことを振り返り、開発教育を通して多くの人たちにアウトプットしていきたいです。また、世界と自分自身のつながりをより多くの人たちに気づいてもらえるよう、ファシリテーター技術に磨きをかけていきたいです。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

国際協力に携わるチャンスはたくさんあります。ボランティアとして休日にイベントなどを手伝ってみることから始めてみてはいかがでしょうか?私もその一人でした。DEARでも随時募集中です! 

団体アピール

DEARでは月に一度「開発教育入門講座」を開催しています。開発教育ってなんだろう?と思う方はぜひ、参加してみてください。参加型のワークではきっと様々な気づき、学び、出会いが生まれることでしょう。

お申し込みは(特活)開発教育協会/DEARホームページにて受け付けております。
※Facebookページは、こちらから!

ページの先頭に戻る