(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会

写真

(特活)シャプラニール=市民による海外協力の会
http://www.shaplaneer.org/

「すべての人々がもつ豊かな可能性が開花する社会の実現」を目指して

ロゴ 

インターン : 福田 順子(ふくだ じゅんこ)さん

《プロフィール》
幼少の頃の海外生活の経験、そして旅行が好きで旅を続けるうちに国際協力に興味を持つようになる。
一般職を経てフェアトレードショップにて勤務。そうするうちに、フェアトレードはもちろん国際協力という分野をさらに深めていきたいと思い、現在シャプラニールにてインターンとして勤務。

 



ワークショップ「バングラデシュとこんにちは」


イベント販売

Q&A 福田順子さんに聞いてみました

団体の活動について

「特定非営利活動法人シャプラニール=市民による海外協力の会」とは、1972年に設立されたNGOです。
南北問題に象徴される現代社会のさまざまな問題、とりわけ南アジアの貧しい人々の生活上の問題解決に向けた活動を、現地と日本国内で行い、「すべての人々がもつ豊かな可能性が開花する社会の実現」を目指して、活動しています。
シャプラニールとは、私たちの活動の原点であるバングラデシュの言葉・ベンガル語で、「睡蓮の家」という意味です。また、日本国内でも、東日本大震災の救援復興支援活動を行っています。

所属団体で活動するきっかけは?

フェアトレードショップにて勤務しておりまして、シャプラニールのフェアトレード部門クラフトリンクから手工芸品を仕入れしていたことから、インターン募集をしていることを知りました。
店頭に立っていると消費者側の目線は近いのですが、インターンを経験することで生産者側の目線を知る事が出来ると思い応募しました。

どのような業務(活動)を行っていますか

クラフトリンク(フェアトレード)部門にて新商品開発補佐、営業補佐を行っております。
また、SNS更新やブログ、メールマガジン作成も担当しております。事務所内にショールームとして販売スペースがあるのですが、そこの管理も行います。

スキルアップのためにしていることは?

海外活動やフェアトレードについての関連書籍を読み、知識を深めるよう意識しております。また、クラフトリンク部門だけでなく、海外活動や国内活動グループで行っている活動にも参加するよう努めております。
インターン期間という限られた時間の中で、やりたい事が多く、いかに取捨択一して吸収していくかが今の課題です。

海外での研修がありますが、どこでどういったことを行う予定ですか? すでに実施済みの場合、どこで何をしましたか?

バングラデシュ又はネパールにて、新商品開発ミーティング・発注の調整・生産者モニタリングを行う予定です。

今後のビジョンは?

あらゆる事に関わるにつれて、どんどんとやりがいを感じていっております。期間中に出来る限り吸収し、今後の活動に役立てて行きたいと思っております。

国際協力分野で活動を目指す人へメッセージ

国際協力は、決して特別な人がすることではなく、ほんの小さなことからも始めることができるものです。まず踏み出してみることで、国際的な目線だけでなく日本の素晴らしさも見えてくるように思います。
私自身、なるべく凝り固まらず、あらゆる視点から物事を見られるようになりたいと思っております。

団体アピールをどうぞ

シャプラニールはバングラデシュやネパールといった南アジアと日本で社会や他の援助団体の支援から「取り残された人々」への支援や「取り残された課題」に取り組んでいます。
「取り残された人々」を支援するのはもちろんですが、その周辺にいる人々や組織へも働きかけ、南アジアの市民一人ひとりの意識と行動を変えることで、社会を変えていく活動を重視しています。
月に1度「入門講座」を行ったり、イベント出店もしております。フェアトレードの手工芸品は、ため息が出るほど美しい刺しゅうや、可愛らしい小物類もたくさんあります。日常使いとしてだけでなく、プレゼントにもとっても人気です。
是非1度シャプラニールに遊びにいらしてください。


ワークショップ
バングラデシュのかわいい刺しゅう
~聞いて、知って、作ってみよう~


国内活動「いわきツアー」にて農業体験ボランティア

ページの先頭に戻る