(認定NPO法人)国境なき子どもたち

サンプル写真
 

「共に成長するために」

インターン 池田理恵さん

《プロフィール》
学生の頃より国際協力に関心がありボランティアやイベントに参加。卒業後民間企業に5年勤務した後、企業での経験を生かし国際協力業界へ転職。2015年6月よりKnKでインターンとして活動。

 

ろご

http://knk.or.jp/

活動の様子

活動1
カンボジア事業15周年記念イベントの風景

活動2
支援者支援の対応をしている様子(右:インターン)

Q & A 池田理恵さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

国境なき子どもたち(KnK)は、カンボジア、フィリピンなど9の国と地域で、ストリートチルドレンや人身売買された子どもたち、大規模自然災害で被災した青少年などを対象に、安定した衣食住と適切な教育や職業訓練を提供することで、将来の真の自立に備えることを促進しています。また、「共に成長するために」という理念のもと、日本国内の青少年への教育プログラムにも力を入れています。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

一方的な支援ではなく「共に成長する」という理念に共感し、また現地の活動と支援者の方々のつながりを大切に、堅実な活動が継続するよう運営面で力になりたいと考え、支援者対応業務に応募したことがきっかけです。

Q どのようなインターン業務(活動)を行っていますか?

大きく二つの業務に従事しており、(1)カンボジア女性のエンパワメント事業では、織物や縫製の技術を生かした収入創出活動に取り組む女性たちを対象に、11月に現地で開催するワークショップマニュアルの企画立案や、現地のスタッフと連携し意見交換を行なっています。また、(2)国内広報・資金調達業務では、企業調査や資金調達のためのイベント企画に携わり、支援者と寄付金の傾向分析補佐や受領書の発行、データベース実務を担当しています。

Q スキルアップのためにしていること

運営面、特に資金調達での専門性を身に付けることに力を入れており、資格取得を目標に勉強しています。またカンボジアへの渡航に向け、英語力の向上と、現地語のクメール語の習得に努めています。

Q 海外研修について

カンボジアにおける貧困層である若年層の女性たちの自立支援として、織物や縫製の技術を生かした収入創出活動を行なっており、将来を見据え自ら目標を持って意欲的に働けるよう実践的なワークショップを開催する予定です。

Q 今後のビジョンは?

今回のプログラムで資金調達や広報などの運営管理、事業開発、支援者へのフォローアップなどNGOの一連の流れを実践する機会を通し、包括的な視野で課題提起や改善策の提案・実行ができるよう経験を積みたいと思います。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

国際協力といっても関わり方は様々だと思いますが、目指したいもの、実現したいビジョンを明確に持つことが重要だと業務を通じ日々感じています。一方的な支援ではなく互いを理解し共に成長していければと思います。

団体アピール

KnKは世界の恵まれない子どもたちの教育支援を行なっているNGOです。少しでもご興味のある方はボランティアへの参加やご寄付の他にも、活動をより理解頂ける写真展やイベントも開催していますので、ぜひお気軽にお越しください。

 

ページの先頭に戻る