(認定NPO法人)ハート・オブ・ゴールド

写真
 

「スポーツを通じて希望と勇気を分かちあう!」

インターン 米山遥香 さん

《プロフィール》
大学でスポーツマネジメントやスポーツ医療について学ぶ。大学在学時に認定特定非営利活動法人かものはしプロジェクト学生部ゆるかもで活動。大学卒業後、ハート・オブ・ゴールド東南アジア事務所(カンボジア)にてインターンとして勤務中。

 

http://www.hofg.org/

活動の様子

活動1
体育ワークショップに参加した小学校の先生たちと

活動2
公開授業に同行、器械運動で平均台の授業

Q & A 米山遥香さんに聞いてみました

Q 団体の活動について

オリンピックメダリストの有森裕子が、1996年にカンボジアで行なわれた第一回アンコールワット国際ハーフマラソンに招待選手として参加したことがきっかけとなり、当団体が設立されました。現在はスポーツを通じた支援事業と子どもの自立支援事業の主に二つの事業を軸に活動しています。スポーツを通じた支援事業では小学校・中学校体育科教育支援、アンコールワット国際ハーフマラソン開催支援、障がい者スポーツ支援などを行ない、子どもの自立支援事業では養護施設、日本語教室、美容教室の運営をしています。

Q 所属団体で活動するきっかけは?

大学ではスポーツについて学び、当時活動していたNGOの学生団体で毎年カンボジアを訪れ、支援してきました。将来はこれらを組み合わせ、スポーツを通じた国際協力をしたいと考えていたところ、カンボジアでスポーツを通じた開発支援を行なっている当団体に出合いました。

Q どのようなインターン業務(活動)を行なっていますか?

体育科教育支援事業にて、各地方出張に同行して体育ワークショップ、モニタリング、評価、公開授業を通じた小学校の体育普及活動を行い、レポートを作成しています。また、資料の英訳やミーティング時の議事録作成、経理補佐など、運営業務にも携わっています。

Q スキルアップのためにしていること

業務を円滑に遂行し、カンボジア人とうまくコミュニケーションを取れるように英語の勉強とクメール語(カンボジア語)の習得に努めています。またスポーツ関係だけでなく、教育や開発関係の分科会などにも積極的に参加するようにしています。

Q 海外研修での具体的な活動について

普段はカンボジアの首都プノンペンにて勤務していますが、小学校の体育授業ワークショップやモニタリング、公開授業に同行するため、地方出張することが多いです。また今後は、アンコールワット国際ハーフマラソンのツアー受け入れ業務にも携わる予定です。

Q 今後のビジョンは?

将来はスポーツを通じた国際協力の分野で活躍したいと思っています。まずはプログラムを通じてNGOの運営全般について学び、カンボジアと周辺諸国におけるスポーツと体育の現状についても勉強していきたいです。

Q 国際協力分野で活動を目指す人へのメッセージ

少しでも気になったらやってみること、行ってみることが大切だと思っています。小さな一歩が、やがて大きな一歩になるかもしれません。

団体アピール

当団体はスポーツを通じて、国境・人種・ハンディキャップを超えた「希望と勇気」の共有を実現することを理念に活動しています。毎年12月に行なわれるアンコールワット国際ハーフマラソンには当団体代表の有森裕子も参加します。ツアーも行ないますのでぜひご参加ください。

 

ページの先頭に戻る