(特活)難民を助ける会

 

(特活) 難民を助ける会・AAR

インターン:松本 夏季(まつもと・なつき)さん

 AARは子ども向けから大人向けまで、積極的な啓発活動に取り組んでいます。

 AARウェブサイト

 

《プロフィール》
中学生のときに難民問題をテーマにした小説を読み、国際協力に関心を持つ。大学では英語を専攻し、国際法ゼミに所属。国内のNGOでボランティアを行う。大学院在籍中に国連人権高等弁務官事務所(UHCHR)スイス本部で半年間のインターンとして従事。修士論文提出後、2012年1月よりAARで研修を開始し、同年4月より広報・支援者担当。

 


福島県の仮設住宅で行った地域交流イベントにて
 


 企業で当会のチャリティチョコレート販売会を行いました。

 

  

Q&A 松本夏季さんに聞いてみました

Q:団体の活動について

A:AAR Japan(難民を助ける会)は1979年に日本で発足した、国連に公認・登録された国際NGOです。これまで55を超える国と地域で、さまざまな活動を実施してきました。「緊急支援」「障害者支援」「地雷・不発弾対策」「感染症対策」「啓発」を活動の柱とし、現在は世界15ヵ国で活動しています。日本では、東日本大震災の被災地である岩手・宮城・福島の三県で、復興支援を継続しています。1997年、地雷禁止国際キャンペーン(ICBL)のメンバーとしてノーベル平和賞を共同受賞し、2008年には沖縄平和賞を受賞しました。

Q:所属団体で活動するきっかけは?

A:大学院在学中のインターンシップから帰国し、卒業後の進路を模索している中、AARの広報・支援者担当の求人を見つけました。AARがより弱い立場にある方々へ支援を届けていることに共感し、応募を決めました。

Q:どのような活動を行っていますか?

A:広報・支援者担当インターンとして、ホームページの管理を中心に、電話やメールでの問い合わせ対応、支援者情報のデータベース入力、イベントの広報などを行っています。

Q:スキルアップのためにしていることは?

A:現在のポストに就いてから、広告や雑誌のレイアウトを注意して見るようになりました。また、日々の仕事に追われて世界情勢が分からなくならないよう、情報収集をするようにしています。

Q:海外研修について

A:ラオスで2週間程度の研修を行う予定です。ラオスにはAARの事務所が2つあり、首都・ビエンチャン事務所では障害者支援、北部のシェンクワン事務所ではクラスター爆弾を含む不発弾被害者への支援活動などを行っています。両事務所での支援活動・事務作業補佐とともに、広報・支援者担当として受益者へのインタビューや活動視察を行う予定です。

Q:今後のビジョンは?

A:AARの広報・支援者担当として、広報業務全般、ホームページ管理、イベントの企画運営、ファンドレイジング、支援者対応などのノウハウをしっかりと身に付けたいです。将来は海外事業のバックアップ業務や、人道支援が必要とされる現場での勤務など、活動の幅を広げていきたいと思っています。

Q:国際協力分野で活動を目指す人へメッセージ

A:国際協力分野のキャリア構築には決まった道がないと言われますが、とにかく諦めずにやれることは全部やってみることが大事だと思います。今までに得た経験が思わぬ形で役立つこともあります。

団体アピール

AARは日本国内では、啓発イベントや活動報告会の実施、訪問学習の受け入れ、出張授業、講演など、子ども向けから大人向けまで、積極的な啓発活動に取り組んでいます。

活動報告会は駐在員の一時帰国に合わせ、ほぼ毎月行われています。各国でAARが行っている詳しい活動の様子を聞くことができ、毎回、学生から社会人の方まで、様々な方が参加されています。現地の話を直接聞くことができる機会ですので、NGOの活動や駐在員の仕事にご関心のある方は、是非一度AARの報告会にお越しください。

 


東京事務局員、東北事務所職員、海外事務所駐在員が
集まって行う安全研修・会議
 


第8回谷川真理駅伝にて。
地雷対策活動のためのチャリティ大会として毎年開催されています。


東京事務局にて。
ウェブ記事作成中

 

ページの先頭に戻る