【Vol.1】コラム ワールドカップ開催! スポーツと国際貢献

いよいよワールドカップも決勝トーナメントになりました。日本代表は残念な結果でしたが、32か国中13か国に現地事務所を持つJICAとしては、すべての結果が気になります。皆さん、寝不足の中で応援していた方も多いのでは?

ところで、国際協力とスポーツって、同じ世界の出来事でも違う分野のものだと思われますが、2000年、国連決議で「教育、健康、開発、平和を創造する手段としてのスポーツ」が採択され、「開発と平和のためのスポーツ」というレポートが国連から発表されるなど、国際協力の分野でもスポーツは注目されています。さらに、日本は東京五輪開催決定を受けて、日本の学校体育の知見を活かし、途上国の学校体育カリキュラム策定支援を行う「スポーツ・フォー・トゥモロー」プロジェクトを文部科学省が中心となり、JICAや関連機関と連携して立ち上げました。

ワールドカップでは、日本人サポーターが観戦後にスタジアムを清掃する姿が世界に衝撃を与えていましたが、日本の学校体育やスポーツが世界に誇れることってどんなことがあるのでしょうね。プロジェクトの成果が東京五輪で現れることを期待しています。

スポーツと国際協力(なんとかしなきゃ! プロジェクト)

戦略的二国間スポーツ国際貢献事業(文部科学省) PDF 200KB

 

リストに戻る

ページの先頭に戻る