第2回「スポーツの力は無限大!」(2017年5月)

5月21日(日)に、2017年 第2回の「おきなわ世界塾」を実施しました。今回は「スポーツの力は無限大!」をテーマに行いました。おきなわ世界塾初の高校生講師!!笑顔がとても素敵で、堂々と発表している姿に感動しました。以下、野原さんからの実施報告をお伝えします。

タイで感じたスポーツの力を語る 野原さん

おきなわ世界塾!「スポーツの力は無限大」というテーマで初めて企画をさせて頂きました。

私がタイやカンボジアで感じたスポーツの持つ力を、沢山の方々に伝えられる事が出来、とても良い経験になりました。

後半はマダガスカル隊員である菅原さんの指導の元、クバーラというマダガスカルの鬼ごっこ体験し、初対面とは思えないくらい仲良くなれました。

周りの方々の支えに本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

この経験を活かし、「スポーツで世界中の子ども達を笑顔にする」という夢を実現出来るよう、これからも頑張ります!

本当にありがとうございました。

野原


高校生〜一般まで40名の方々に参加していただきました。

これまでに心に残っている、「スポーツで感動した瞬間」って何だっけ?

青年海外協力隊で体育隊員として途上国にわたった塾長のエピソードも聞きました。

ドイツから来た留学生の方が、日本で感じたスポーツの力を発表してくれました。

参加者の声

  • 「スポーツによって他者への思いやりの心や、心を集中する環境があるために、”戦い”から少しでも離れられる瞬間は国際協力がつながると感じた」(大学生・男性)
  • 「スポーツは初対面の人とでも笑顔でプレーできるから心が豊かになる。スポーツを通じて自分自身の位置や役割をわかることができるから、成長につながると思った」(高校生・女性)
  • 「スポーツは一番本当の心をぶつけ合えるものだと思った。スポーツは体を動かしてコミュニケーションをとるから、国や言語は関係ないと思った。スポーツを通すと、普通に話すときより気を遣わずに話をすることができた」(高校生・女性)
     

マダガスカル流鬼ごっこ、クバーラ開始!

チームで作戦会議。それぞれの役割を確認します。

みんなで力を合わせて勝つぞ!気合注入。


いよいよ最終決戦。世界大会のような白熱した試合が繰り広げられていました。

本日の満足度を指ゲージで表してもらいました。


参加者のみなさんと記念に一枚。お疲れさまでした。

第2回おきなわ世界塾に参加した皆さん、ありがとうございました!そして野原さん、お疲れ様でした!

  

 

ページの先頭に戻る