世界人養成講座~ファシリテーション研修初級編~(2020年11月)

広島より堀江清二氏を講師に招き、ファシリテーションのスキルアップを目的に、世界人養成講座~ファシリテーション研修初級編~を実施しました。

 世界人養成講座~ファシリテーション研修初級編~

 

 11月20日、21日の二日間にわたりファシリテーション研修を実施しました。2日目は初級編ということもあり大学生を中心に、ファシリテーションについてこれから学んでいきたいという方々の参加がありました。

 


開催日時:2020年11月21日(土) 10:00~16:00
開催場所:JICA沖縄センター、一部オンライン配信
参加人数:28名(大学生~一般)
講師:まなび工房 代表 堀江清二 氏

 

 【当日のプログラム】
① 導入(JOCAの説明、講師照会、参加者自己紹介)
② 実習活動①、振り返り
③ 実習活動②、振り返り
~ランチ交流~
④ 講義 ~ファシリテーション(初級)~
⑤ 実習活動③、振り返り(参加者実践)
⑥ 振り返り

 

【実習活動】
午前中は2つの活動を実施しました。1つめの活動では参加者が目標を達成することができないまま時間切れとなり、活動を振り返る時間ではそこで起きていたグループプロセス(コミュニティ内で起こる心の動き)に迫りました。

与えられた難しい活動の中で参加者は「諦めの気持ち」を自己開示できていなかったことを知り、「発言が届いていなかった」ことについてフィードバック受けるなど、そこで起きていた参加者間の思いや考えの“ギャップ”が表面に現れていました。堀江氏のファシリテートによってそうした感情の動きが浮き彫りになりました。

 

 

 チームで協力しながら目標達成を目指す!

 

 

 

 

【講義】
今回はファシリテーション初級編ということもあり、「ファシリテーター」の基礎となる極意について講義を受けました。
・ファシリテーターの役割について
・安心できる場づくり
・意見出しの方法 など
安心できる場づくりのお話しでは、会場づくりだけではなく、ファシリテーターは「中立であること」と説明を受けました。一人の意見だけメモを取ったり、相槌をしたりすることで意見に優劣が付けられていると参加者に思われないようにするなど、ファシリテーターとしての心構えを教えていただきました。

 

 

ファシリテーターの役割について

 

 

【実習活動(参加者実践)】
講義後の実習活動では、実際に参加者がグループファシリテーターに挑戦してもらいました。
声かけや問の仕方や、ファシリテーターの座る位置や相槌などといった振る舞いや環境要因を丁寧に扱う必要があることを実践を通して学んでいました。

 

*_*_*_参加者からの声*_*_*_
・不登校支援、子どもキャンプのファシリテーターなど、自分自身が実際にやっているなかで感じた疑問や悩みを今回の世界塾(養成講座)を通して、より深く学ぶことができました。ポジティブな意味での痒さが残っているので、もっとファシリテーションについて継続して学んでいきたいです。(学生 男性)
・「実践」(活動と振り返り)/「講義」があってよかった。とても良かったです。(社会人 女性)
・チームビルディングでの立ち振る舞いを見ることのできる貴重な時間でした。ありがとうございました。(大学生)

 

(執筆:上原)


 

 

ページの先頭に戻る