第2回おきなわ世界塾「話し合いを書いてみる!?ファシリテーショングラフィック術」(2019年5月)

第2回おきなわ世界塾
「話し合いを書いてみる!?ファシリテーショングラフィック術」

  

 第2回おきなわ世界塾は、「ファシリテーショングラフィック」をテーマに、実践も含んだ回となりました。参加者は高校生から国際協力関係者、大学や小学校の先生、と幅広く、明るい雰囲気で実施することができました。

 

 

開催日時 :2019年5月25日(土) 14:00~17:00
開催場所:JICA沖縄センター
参加人数:44名(高校生~)
講師:宮道 喜一 (NPO法人 まちなか研究所わくわく)
 


講師の宮道喜一さん

会場のテーブルには模造紙を貼ってあります

 

【当日のプログラム】


① 導入(JOCA、世界塾の説明、自己・他己紹介)
② 講義 ~ファシリグラフィックの基礎レク~
                 -休憩-
③ 演習 ~ファシリグラフィック実践~
         テーマA:初めて沖縄に来る外国人を案内するならどこへ連れていく?
         テーマB:高校の制服は必要?いらない?
④ まとめ
⑤ 閉会

 

【導入編】


参加者同士での自己紹介・他己紹介の時間を設けお互いについて少し知ってもらいました。今回の世界塾に期待していることの紹介では、障がい者や外国人のサポートをしている方、また学校の先生をしている方などが仕事に活かせるスキルを学びたいとの声が多くきこえました。
 

 

【ファシリテーターズ・グリップ!?】

【アイスブレイクもグラフィックに夢中です】

【講義編】


なぜ「書く・描く」のか?!
小学校のPTAの話し合いが上手く進まない。会社の会議が一方的でつまらない。
そんな場面で飛び交う情報をまずはホワイトボードに書き出してみる。
そうすることでまとまらない話し合いの場が見える化され、話し合いが上手く進められるという事をお話しして頂きました。

その後、ファシグラの役割や効果について教えてもらいました。
・書くことで参加者の発言を促すことに繋がる事。(平等性も保てる)
・話し合いの成果について共有の記憶をもてる。
・感情的な論争を避けることができる。

今回は特別にファシグラファーとしてのテクニックも伝授してもらいました。
・マッキーの色選
・ポスター型やリスト型、マンダラ型など使う場所や内容によっての書き方のフォーマット
・間違った時や議論についていけなかった時の対処方法など

今回は参加者の机に大きな模造紙を貼り付け、個人のノートにではなく机の上にマッキーでメモを取ってもらいました。
ファシグラ経験者や初体験の方など様々な参加者のメモをみんなで共有することができたと思います。

 

【盛り上がるグループワーク】

【話し合いを見守るグラフィッカー】

 

【グループワーク編】


講義で学んだファシグラのスキルを実践してみようということで6人ずつのグループに分かれてファシグラのいる話し合いの場を体験してもらいました。
「1:初めて沖縄に来る外国人。案内するならどこに連れていく?」
「2:高校生の制服は必要?YES or NO」
というテーマで話し合いをし、強調したい事をマーカーで色付けしたり意見のグループ分けをしたりと宮道さんから教わったスキルをフル活用しながらファシグラを行っていました。

 

【講義中も常にペンを走らせます】

【ファシグラに挑戦!】

 

 

-*-参加者からの声-*-

 ・フレームや書き方のポイント、心得などを実践的なスキルを教えて頂き、大変有意義な時間でした。勇気を出して来て良かったです。(教員、女性)
・会議や話し合いの席での板書の大切さを再確認できました。いろいろなテクニックやコツ、ポイントを教えていただけたので実践できるようにトレーニングしていきたいです。(会社員、男性)
・初めて世界塾に参加してみて、会場の雰囲気がとても良いなと感じた(大学生、女性)
・「認識のズレを口頭だけで解消することは難しい」⇒書く事で共有できる。自分の意見が全員に伝わったと確認できることは、自分が仕事であたっている課題解決のヒントになりました。(会社員、男性)

-*-*-*-*-

 

 


今回のおきなわ世界塾では、講義と体験の両面で、ファシリテーショングラフィックの学びの場を提供することが出来ました。

 普段の生活の中で頻繁に行う「書く」ということが、話し合いやその次のアクションに影響を及ぼし、チーム力にもつながることを実感してもらえた機会でした。
今後のおきなわ世界塾でもファシグラを取り入れてみようと考えています! 

  
参加者の皆さま、ご参加ありがとうございました。

 

  次回の世界塾は、沖縄県OV会とのコラボ企画です。6月29日(土)に開催!
「Real World Café JOCAFE Open 」と題し、トークショーやワールドカフェで、青年海外協力隊を志す方々と青年海外協力隊OVとの交流会を実施します。1歩が踏み出せない人やなんとなく海外ボランティアに興味がある人、ぜひご参加ください。世界に飛び出す第1歩を提供します。

(執筆者:宮城・小林)

ページの先頭に戻る