日本語・日本文化を学ぶ学生が見た日本の魅力とは~オーストラリア 広島コース

2016年1月26日から2月2日の8日間にわたり、オーストラリアから大学生25名が来日しました。「日本語・日本文化」をテーマに、東京都内および広島県で伝統・先端技術・ファッション・社会など多様な日本の姿に触れ、それぞれの視点から「日本の魅力」を考えてもらいました。

都内では、伝統と先端技術が融合した技術、そして日本の学生との中身の濃い交流を行うことができました。まずは書道体験です。書道体験と一言で言っても一般的な書道ではなく、真っ白の扇子の上から書を書いてオリジナル作品を製作したり、学生たちが見たこともないような大筆を使って床一面に広がる大きな紙に俳句を書く体験も行いました。カップヌードルミュージアムでは日本食の先端技術に触れ、各々が世界に一つしかないマイカップヌードルを作りました。最後に玉川大学にて学校交流を行いました。玉川大学の学生たちは今回の交流をとても楽しみにしてくれ、オーストラリアの学生の為に相撲、茶道、弓道、盆踊り、折り紙など様々な日本文化紹介の為のブースを準備してくれていました。最初は互いに緊張していたものの、文化紹介を通してすぐに打ち解け、自分たちの好きな音楽・スポーツといった共通の話題を通して話が弾んでいるようでした。最後はどの生徒も別れを惜しんでいました。 


書道体験にて大筆書きに挑戦


カップヌードルミュージアムにて


ハンガーを使った弓道に挑戦

都内を巡った後は、新幹線に乗って広島県を訪問、そして宮島へ向けてバスを走らせました。宮島行のフェリーに到着すると広島文教女子大学の学生の皆さんがオーストラリア学生を温かく歓迎してくれました。この日はあいにくの雨で残念でしたが、宮島の美しい景色のもと、学生たち同士で宮島での自由散策を楽しんでいました。

翌日は広島平和記念公園を訪れました。ボランティアによる平和公園ガイドや、戦争体験者の方より被ばく体験講話を受けることで、学生たちは本やテレビでは知る事の出来なかった戦争の悲惨さを知ったと話してくれました。普段のプログラムとは違い、どの学生たちも戦争について真剣に受け止めているようでした。

平和記念公園訪問後は学生が心待ちにしていた1泊2日のホームステイです。ホストファミリーとの対面式ではどの学生も非常に緊張していて、どこかぎこちない様子でした。ですがお別れ時には、どの学生もホストファミリーとの別れに涙していました。学生、そしてホストファミリーにとってあっという間の2日間で、中身の濃い時間を過ごすことができたのではないでしょうか。ホストファミリーも、学生と買い物に行ったり、一緒に日本料理を作ったりと学生との思い出を嬉しそうに語ってくださいました。学生はホームステイを通して本当の日本文化に触れることができたのではないでしょうか。 


宮島散策にて


ガイドさんの説明を真剣に聞く


ホストファミリーとのお別れ時

オーストラリアの学生たちは各地域から本プログラムに参加しており、来日して初めてお互いが顔合わせをする状況でした。プログラム全体を通して、学生たちは日本文化を多面的に理解することは出来たことはもちろん、チーム内での仲も非常に良く、学生全員で良いプログラムに仕上げようと協力し合っている姿がとても印象的でした。

最終日の報告会は、他のコースと合同で行われました。報告会スピーチでは先端技術、日本食、日本人などそれぞれのパートに分かれて発表を行いました。そしてもう一つの課題であった「Your Own Concept of Real JAPAN」のビデオ上映では、プログラム中の訪問先や、地域の人との触れ合いを通じて、彼らが見て感じた本当の日本の魅力を発見する良い機会となりました。今後このビデオを通して、日本の発信者として家族や友人に日本の魅力を伝えてもらえたらと思います。 


最終報告会で発表


報告会後の夕食会にて


コース合同での記念撮影

今回、オーストラリアの学生の大半は、母国で日本語をすでに学習していました。学生たちの日本語が日本の人に伝わった時、日本語を勉強した時の達成感と充実感が非常に強く残ったようです。また多くの学生が、「次に来るときは日本に留学生として来日したい。」「日本の魅力だけでなく、オーストラリアの魅力も伝えていきたい。」と語ってくれました。これから学生がオーストラリアと日本の懸け橋として、活躍してくれることを期待しています。 

ページの先頭に戻る