初めての雪景色、初めてのニッポン~南太平洋大学 岩手Aコース

2016年1月16日から23日の8日間にわたり、パプアニューギニア、ソロモン諸島、サモア、フィジーから大学生と引率者合わせて19名が来日しました。「日本語・日本文化」をテーマに、東京都内および岩手県遠野市で様々な日本の姿に触れつつ、日本の文化や歴史を学びました。

都内では、日本の過去から現在・未来を体感する様々な施設等を訪問。最先端技術を体験できるパナソニックセンター、日本の伝統文化や東京の歴史に触れる江戸東京博物館、日本の若者カルチャーを代表する渋谷などを巡りました。
また、東京製菓学校に訪問し、日本の多彩なお菓子作りを見学。「日本の食は味だけでなく、見た目の美しさにも気を配っているのですね」と、繊細な日本の食文化の一端を学びました。


パナソニックセンターで興味津々


江戸東京博物館で体験


渋谷ハチ公前で集合写真


都内を巡った後は、新幹線に乗って遠野市へ。初めて見る雪景色と、初めて乗る新幹線に一同大興奮!遠野市では、日本語教室、書道教室、日本食づくり、日本舞踊など、体験プログラムを通して地元の人々と触れ合いつつ、様々な日本文化を学びました。
琴演奏の体験プログラムでは、遠野高校邦楽部を訪問。高校生の皆さんから琴の演奏を教えてもらい、同年代の日本の若者との親睦を深めることができました。訪日団の皆さんは、高校生の皆さんが奏でる琴演奏の素晴らしさに大変驚いた様子で、「日本では最先端の科学技術を開発しながら、若者もこのように昔からの伝統文化を守り受け継いでいることが素晴らしい。自分たちも自国の伝統文化を守っていかなければならないと思う」といった声が多く聞かれました。


雪景色に大興奮


腹話術を使って楽しく日本語を学ぶ 


真剣に書道体験


また、遠野市ではこうした体験プログラムに加え、夜は地元のご家庭に民泊させていただき、日本の家族や暮らしの様子を体験することができました。初めは緊張していた学生達も、民泊のご家族の温かいおもてなしに打ち解け、お別れの際にはみんな涙を流して別れを惜しんでいました。

プログラム全体を通じ、参加した学生達は常に明るく積極的で、日本文化について一つ一つのものから真摯に学びとろうとする意欲を持って接していました。また、「こんにちは」「ありがとうございます」など、プログラム中に学んだ日本語を積極的に使いながら、たくさんの人との交流をとても楽しみ、各訪問先の方々と良い関係を築いていました。

最終日の報告会では、「日本の食文化」、「日本の伝統文化」、「特に心に残った民泊の思い出」といった観点から、訪日団の学生の皆さんの温かい気持ちと、訪問先への感謝の気持ちがこもった発表が行われました。想いをこめて話す学生達の姿から、充実した日本滞在となった事が伺えました。


浅草の雷門前で


報告会で発表


報告会で集合写真

 

ページの先頭に戻る