JENESYS2.0 ASEAN及び近隣諸国からの招聘事業 第37陣(ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオス)の訪日(2015年3月18日~3月26日)

伝統文化も先端技術も感じる日本

今年度、当協会は外務省青年招聘事業JENESYS2.0の一環である「ASEAN及び近隣諸国からの青年招聘プログラム」の日本側実施団体として運営を担っています。

その第37陣として「市民社会活動」をテーマに、ブルネイ、ベトナム、ミャンマー、ラオスから100名が来日しました(各国25名)。参加者は4コースに分かれ、それぞれ香川県、大阪府、和歌山県、愛知県を訪問しました。

全コース共通の都内視察では、パナソニックセンターや日本科学未来館で最先端の科学技術について知り、原宿や浅草の散策、和菓子作りや食品づくり、歌舞伎の体験を通じて、ポップカルチャ―と伝統文化が共存する日本社会に触れました。 

写真
最先端技術を体感

写真
食品サンプル作り体験

写真
歌舞伎体験

 

香川県コース

ブルネイの学生25名は香川県を訪問し、豊島にてホームステイを行いました。ホームステイ中は一緒にちらしずしを作ったり、着物を着せてもらうなど、日本文化体験を通じてホストファミリーと交流を深めました。また、香川大学へも訪問し、日本人学生と交流の場を持ち、お互いの連絡先を交換するなど楽しく充実した時間を過ごしました。

その他にも、香川県庁への表敬訪問、金毘羅宮参拝、栗林公園散策、手まり作り体験など、香川県についての理解を深め、東京とは異なる日本の一面を堪能していました。

 

写真
金毘羅宮参拝

写真
ホストファミリーと一緒に

写真
香川県庁表敬訪問

 

大阪府コース

ベトナムの学生25名は大阪市立大学を訪問し,日本人学生と昼食を共にした後、互いの国や文化について意見交換を行い、理解を深めました。お互いがジェスチャーを使いながら、相手の気持ちを理解しようと思う気持ちが見られる交流会でした。ホームステイでは、最初は皆緊張の表情を浮かべていましたが、お別れのときにはまるで本物の家族のような温かい雰囲気が感じられ、涙を浮かべている学生もいました。

大阪府咲洲庁舎で、表敬訪問を行いました。日本とベトナムが今後も絆を深めていくために、互いの文化に触れ、相互理解を深めていくことが重要であると歓迎の挨拶をいただきました。その他にも、大阪城、グランフロントナレッジキャピタル、大阪くらしの今昔館等を訪問し、大阪の歴史や人々の暮らし、大阪で行われている様々な取り組みについて理解を深めました。

 

写真
大学訪問

写真
ホストファミリーとお別れ

写真
大阪市表敬訪問

 

和歌山県コース

観光学を学ぶミャンマーの学生25名は、和歌山県を訪問し自然豊かな暮らしを満喫していました。ホームステイでは、学生達は家族の一員として迎えられ、料理や畑仕事、釣りなど日本の日常生活を体験し、観光では感じることが難しいおもてなしの心や日本の習慣などを知りました。和歌山大学への訪問では、同じ観光学を学ぶ日本人学生との交流会も行いました。日本の学生生活や、どのように観光学を学んでいるのかなど、同世代同士、そして同じ学問を学ぶもの同士、話が弾む様子が見られ、早速連絡先の交換をしていました。

その他にも、和歌山ではさらに、醤油工場や和歌山城を訪れ、日本の食や歴史についても考察を深めました。

写真
ホストファミリーとお別れ

写真
湯浅醤油見学

写真
和歌山大学との交流

 

愛知県コース

ラオスの学生25名は愛知県を訪問し、常滑高等学校やKTC中央高等学院で生徒さんとの交流や、ホームステイを行いました。常滑高校との交流会ではゲームや自己紹介で打ち解けた後、グループごとに分かれ、日本とラオスの学校のそれぞれの長所と短所を書き出しながら、お互いの「理想の学校」について話し合いました。KTC中央高等学院ではけん玉と屋久島杉を使った箸づくりを体験し、日本文化の理解を通じて交流を深めました。ホームステイではホストファミリーの優しさ、温かさに触れ、忘れられない経験となったようで、日本滞在中に最も印象に残ったという声も多く聞こえました。

その他にも中部国際空港セントレアの滑走路見学やトヨタ工場などを見学し、愛知県の特色についても理解を深めました。

写真
藍染め体験

写真
常滑高等学校の生徒とのワークショップ

写真
KTC中央高等学院の生徒とけん玉遊びで交流

 

プログラム全体を通じ、参加した学生たちには日本の生活や習慣を好意的に受け入れ、なるべく多くの事を吸収しようという積極的な姿勢が見られました。また、常に明るく日本語を使うことを楽しみ、日本の生活を楽しんでいました。彼らの姿は、訪問先の方々にとても良い刺激となり、素晴らしい国際交流の機会となったようです。この日本滞在の経験を今後彼らがどのように生かしていくのかは分かりませんが、両国の関係にとって必ずプラスに作用すると確信できるコースでした。

 

 

ページの先頭に戻る