JENESYS2.0 ASEAN及び近隣諸国からの招聘事業 第17陣(マレーシア、ベトナム)の訪日(2014年9月17日~24日)

 クールジャパニーズを創りだす日本のマナーと教育

今年度、当協会は外務省青年招聘事業JENESYS2.0の一環である「ASEAN及び近隣諸国からの青年招聘プログラム」の日本側実施団体として運営を担っています。その第17陣として、「市民社会活動」をテーマに177名(マレーシア:69名、ベトナム:108名)が来日しました。

全コース共通の都内では、日本の伝統文化を体験できる浅草寺や江戸東京博物館、日本特有の現代のポップカルチャーを代表する秋葉原、未来の科学技術を楽しめる日本科学未来館などを巡りました。「着物」「天ぷら」「侍」「アニメ」など、知識としては知っていた日本文化や先端技術を、実際に見たり体験できたことへの喜びや興奮が参加者からは窺えました。また東京の街の清潔さやインフラ整備の良さ、安全さに驚いているようでした。


東京アニメセンター


浅草寺で参拝の作法を学ぶ


昼食はちゃんこ鍋

 

Aコース長野

長野県へ向かったベトナムからの参加者は、南相木村で日本唯一とされる「不戦の像」を見学し、南相木村村長への表敬、民俗資料館・村公民館見学を通じて、日本の農村の歴史を学びました。また地元小学校の運動会やホームステイ体験を通じ、農村での生活を堪能しました。その他、岡谷市立岡谷蚕糸博物館では繭からの糸繰りを体験し、善光寺では秋分の日ということもあり、大僧正よりお数珠を頂戴するという貴重な経験をしました。


地元の運動会


岡谷蚕糸博物館


常智院(宿坊)で精進料理を頂く

 

Bコース千葉

千葉県を訪れたベトナムからの参加者は、国立歴史民俗博物館、成田山新勝寺、大慈恩寺で日本の歴史や文化を学びました。大山千枚田では東京からわずか1時間半の場所に広がる原風景に一同感激し、いすみ鉄道乗車時には同じ移動手段でも都心部とは違った景色と風情を味わいました。また農学科の施設見学や生徒が作った農産加工品の試食、生物部の活動視察、日本人生徒との折り紙・歌を通した交流を行いました。宿坊を体験したお寺では、地元の方々を交えてのバーベキューや餅つき、朝のお勤めでは足のしびれと戦いながらお経、座禅、写仏など貴重な体験をしました。


鴨川シーワールドのシャチ


大慈恩寺での座禅


大慈恩寺で餅つき体験

 

Cコース群馬

ベトナムからの大学生25名は群馬県へ向かい、まず甘楽町で群馬の自然資源や地理的特徴、またそれに即して発達した農業や養蚕・製糸産業や地域振興の取組みについて学びました。日本一の生産量を誇る群馬の名産こんにゃくの製造過程が見学できる「こんにゃくパーク」や大名庭園の「楽山園」、本年6月に世界遺産に登録された「富岡製糸場」、シルクの藍染を体験した「日本シルクの里」なども訪問しました。またこうした施設訪問に加え、地元の日本人学生との交流や、ホームステイによる家族との交流も実施しました。


シルクのハンカチの藍染


同年代の日本人大学生


稲刈り体験

 

Dコース茨城

ベトナムからの大学生25名は茨城県を訪れ、まず紬の里で日本の藍染体験を行いました。また食と農の科学館では日本の近代農業、地図と測量の博物館では日本の測量技術に対する理解を深めました。牛久の大仏見学では、ギネス級の高さの大仏に一行大興奮でした。全体をとおして、参加者たちには日本の「おもてなし」「マナーを守る日本人」が特に印象に残ったようです。


日本大学藤沢キャンパスツアー


ギネス級の大仏様


二人がかりで持つ巨大ひょうたん

 

Eコース山口

マレーシアの高校生33名は、海と山に囲まれた山口県を訪れ、賑やかな東京都心部とはまた異なる日本の姿に触れました。防府市の堀越窯では地元の工芸、ろくろや陶器の絵付けに挑戦し、同世代の学生と文化交流を行い、瀬戸内海の笠戸島へも足を伸ばしました。特にホームステイの経験は、ホストファミリーの方と一緒に地元を巡ったり、料理などの家事を一緒にしたりと、日本の日常生活に深く触れ、新たな発見の多い貴重な機会となったようです。


陶芸絵付け体験


周南市表敬訪問


書道の授業に参加

 

Fコース長崎

長崎県西海市を訪問したマレーシアの高校生34名は、太鼓に合わせて漕ぐ伝統的なボート操法ペーロンを体験しました。郷土料理体験では普段目にすることのない食材や独特の調理法を目の当たりにし、参加者は皆興味津々の様子でした。また音浴博物館では、貴重な年代物の音響機材についてのお話を聞くとともに、昔のレコードを聴いて楽しみました。そして長崎滞在最終日には原爆記念資料館を訪れ、原爆について学び、平和について考察しました。


白熱したペーロンのレース


蓄音機に興味深々


原爆資料館

 

ページの先頭に戻る