JENESYS2.0 ASEAN及び近隣諸国からの招聘事業 第14陣(カンボジア)の訪日(8月19日~26日)

憧れから明確な目標へ

今年度、当協会は外務省青年招聘事業JENESYS2.0の一環である「ASEAN及び近隣諸国からの青年招聘プログラム:ソーシャルコミュニティ」の日本側実施団体として運営を担っています。

その第14陣としてカンボジアからボーイスカウトのメンバー15名が来日し、東京都および北海道を訪れました。

来日後すぐに北海道へ向かった一行は、札幌のスカウトと浴衣を着たり、書道、お茶、生け花、折り紙やコマ回しなどを体験したりしながら、交流会を深めました。参加者には流しそうめんが特に好評で、皆とても楽しんで食べていました。その他、円山動物園や大倉山展望台・ウィンタースポーツミュージアム、北海道神宮、札幌市青少年科学館などを訪問れました。


スカウトとの交流


流しそうめん


大倉山

 

次に訪れた横浜では、ホームステイを体験し、ホストファミリーと一緒に金沢花火大会に参加しました。また鎌倉の大仏、新江ノ島水族館、カップヌードルミュージアムも視察しました。


金沢花火大会


鎌倉の大仏


カップヌードルミュージアム

 

科学館・動物園・水族館・電車などの交通機関、自国にないものの実体験をふまえて将来自国に必要なものは何か、何が可能かなどを自分自身に問いかける良い機会となりました。また日本の伝統文化にただ触れるだけでなく詳しい説明もあったことが、参加者の笑顔や感動につながりました。彼らにとってクールジャパンは、単なる憧れから明確な目標へと変わったようです。

ページの先頭に戻る